マイルやポイントを効率良く貯める!コンビニ別、電子マネー活用法を指南

 主要なコンビニでは独自の会員サービスを実施しているのをご存じだろうか? 1%前後のポイント還元や、販売価格の1~2割に相当するボーナスポイント、会員向けの値引きサービスなどを実施している。ここでは、第二部で解説した主要電子マネーのお得度にコンビニが提供している会員サービスを加味して、どのコンビニで、どの電子マネーを、どのように使うのがお得かを明らかにしていく。自宅の近くや通勤路、会社の近所にあるコンビニでのお得な電子マネーの活用法をぜひとも覚えてほしい。

 

各コンビニが提供する会員サービス

  セブン-イレブン ローソン ファミリーマート
サービス名 nanacoポイント ローソンパス ファミマカード※
ポイントの付与(コンビニ利用時) ・利用金額100円(税抜き)ごとに1ポイント ・利用金額100円(税抜き)ごとに1ポイント
・1精算ごとに1ポイント
・利用金額100円ごとに1ポイント
・1精算ごとに1ポイント
・クレジット決済で100円ごとに1ポイント
ポイントの利用 1ポイント=1円で買い物に利用できる(1%の手数料が必要)。 1ポイント=1円相当で、お買物券などと交換できる。 1ポイント=1円で買い物に利用できる。

※ 11月20日からファミマTカードにリニューアル。

 

  サークルKサンクス ミニストップ am/pm
サービス名 KARUWAZA CLUB   club ap
ポイントの付与 ・利用金額100円(税抜き)ごとに1ポイント(カルポイント)
・Edyへの入金1000円ごとに1ポイント(ワザポイント)
サービスなし ・Edyの利用金額100円ごとに1ポイント
ポイントの利用 カルポイントは1ポイント=1円相当で、サークルK・サンクスのプリペイドカードなどと交換できる。ワザポイントは獲得ポイント数に応じてプリペイドカードなどが当たるプレゼントに応募できる。 サービスなし 獲得ポイントに応じて景品やイベントチケットが当たるプレゼントに応募できる(募集は不定期)。