有楽町との“融合”で銀座が拡大する 2007年誕生の銀座主要施設を総チェック! 『日経おとなのOFF』が選んだ銀座の“新”名店

銀座の人の流れに変化が起きている。有楽町イトシアの開業で、まるで水門が開けられたかのように、丸の内、日比谷、有楽町、銀座へと淀みない流れが生まれた。ザ・ペニンシュラ東京もマロニエゲートもブルガリ銀座タワーも、この流れの上に並んでいる。銀座はマクドナルドからアップルストアまで1号店が出店してきた時代の変化を映す街だが、今この街自体が大きく変わりつつあるのだ。この変化はどこへ向かうのか。その行方を検証した。

 

Lクルーズ銀座特集