納豆ふりかけ・ひきわり【茨城県】

 納豆といえば水戸納豆、つまり納豆なら茨城県と誰もが連想するだろう。 現に茨城県内のSAのお土産コーナーには納豆が大量に置いてあり、ふりかけと同じようなイメージの「ドライ納豆」も売られている。ドライ納豆を食べたとき、口の中で唾液と絡まったことによってネバネバが復活し風味も味も、すっかり再現した現象に驚いた。それだけの底力があるのだ。ふりかけになったとしても、納豆そのものの抜群の安定感はゆるぎないであろう。

 

ジンギスカンふりかけ【北海道】

 北国ではジンギスカンのことを焼肉だと思っている人も少なくない。ジンギスカンは、味付けしていないラム肉を鉄板で焼きタレにつけて食するのが一般的だ。だから、必然的にラム肉とタレのマッチングが味の決め手となる。ふりかけにした場合、ラム肉の味を再現するのか? それともタレ方面に向かうのか。はたまた、どちらでもなく総合的な味なのか? 多方面から期待されるふりかけなのである。

 

審査方法

味・ネーミング・パッケージをトータルして採点。
審査員にはA・B・C、3枚の審査カードを持ってもらいます。

「A」決勝大会進出!
「B」いい仕事してる!
「C」よくできました。

「A」の数が多いふりかけは、決勝へ進出することになります。
決勝大会は米どころ、新潟県魚沼市(コシヒカリの産地)の予定

 

出演

日経BP社 デジタルARENA編集長 酒井康治
フリーランス・アナウンサー 大沢陽子
芸能レポーター 東海林のり子

 

機材協力

松下電器産業
スチームIHジャー炊飯器 SR-SW101

NEXTまずはイントロをご覧ください!