元気なタコふりかけ【愛媛県】

 タコはしまなみ海道、愛媛県を代表する海産物だそうな。そういえば、今治市内にはたこ焼き屋がたくさんあったような……。タコは、タコ飯、刺身、天ぷら、タコ酢などいろいろな食べ方があるが、どれもタコの弾力を生かしたもの、つまり歯応えだと思われる。同じくらい大事な要素は風味である。磯の香りである。しかし、ふりかけに加工して、どれぐらいそれらが残っているのか? 再現は可能なのか? なにげに未知のふりかけだったりするのである。

 

いかの塩辛ふりかけ【青森県】

 北の冷たい海で育ったイカは半透明でキリリと身がしまっている。採れたての新鮮なイカを切り、さっと塩辛にする時、味の決め手はイカのワタである。甘みの中に苦味が見え隠れしている独特な味は、一度食べて「こりゃあ、うまい」と感じてしまった人には想像しただけで食欲が湧いてくるだろう。ふりかけになって、ワタのイメージをどこまで再現できているか。そこがポイントである。

 

審査方法

味・ネーミング・パッケージをトータルして採点。
審査員にはA・B・C、3枚の審査カードを持ってもらいます。

「A」決勝大会進出!
「B」いい仕事してる!
「C」よくできました。

「A」の数が多いふりかけは、決勝へ進出することになります。
決勝大会は米どころ、新潟県魚沼市(コシヒカリの産地)の予定

 

出演

日経BP社 デジタルARENA編集長 酒井康治
フリーランス・アナウンサー 大沢陽子
芸能レポーター 東海林のり子

 

機材協力

松下電器産業
スチームIHジャー炊飯器 SR-SW101

NEXTまずはイントロをご覧ください!