あみちゃんのふりかけ【大分県】

 「あみ」とは一体なんだろうなと現物を見るとエビに似た形の生物のようである。主に魚類やヒゲクジラ類の餌になっているらしい。人間にとってはタンパク源として注目されているようだ。本編で酒井編集長が「ふりかけの新しいイメージ」といったようなことを発言しているが、まさにその通り。限りなく薄味で、大量にふりかけないと味が見つかりづらい。しかし、一度味をしめたら「もう一杯、食べてみようか」という気にさせる、魅惑のふりかけともいえそうだ。

 

桜えびふりかけ【静岡県】

 獲れたての新鮮な桜えびはプリプリで、一般的なえびと変わらぬうまさ! ふりかけに加工されることによって、お好み焼きやお菓子に配合されているオプションのような存在になってしまう。しかし、味は王道で香りの高さは抜群。むしろ子どものころのおやつの時間を思い出してしまうような安らぎさえある。桜えびはふりかけになるべくしてなった食材といえよう。

 

審査方法

味・ネーミング・パッケージをトータルして採点。
審査員にはA・B・C、3枚の審査カードを持ってもらいます。

「A」決勝大会進出!
「B」いい仕事してる!
「C」よくできました。

「A」の数が多いふりかけは、決勝へ進出することになります。
決勝大会は米どころ、新潟県魚沼市(コシヒカリの産地)の予定

 

出演

日経BP社 デジタルARENA編集長 酒井康治
フリーランス・アナウンサー 大沢陽子
演劇集団キャラメルボックス 小多田直樹(次回公演=『橋を渡ったら泣け』

 

機材協力

松下電器産業
スチームIHジャー炊飯器 SR-SW101

NEXTまずはイントロをご覧ください!