スリム&コンパクトになって“ケータイ”サイズでスマートに
「Xcrawl(エクスクロール)」も加わりより自由で直感的な操作が可能


ウィルコム
シャープ製


Advanced/W-ZERO3 [es](型番:WS011SH)

実売価格:2万9800円(新規)

発売日:2007年7月19日(木)

 「Advanced/W-ZERO3 [es]」はウィルコムのスマートフォン「W-ZERO3シリーズ」の最新モデルだ。昨年夏に発売された「W-ZERO3 [es]」を機能的に、正常に進化させながら、サイズがよりコンパクトに仕上げられている。もちろん、従来通り、超小型PHSモジュールである「W-SIM」に対応しており、通常のケータイのように、音声通話が可能だ。新しくマイクロソフトが発表したモバイル向けOS「Windows Mobile 6 Classic 日本語版」を搭載し、よりパソコンライクな操作性や機能が注入されている。

 W-ZERO3 [es]と同様、ダイアルキーおよびフルキーボードというデュアルキーボードスタイルに加え、新感覚のコントローラー「Xcrawl(エクスクロール)」を搭載したことで、より直感的に操作できるようになっている。メモリーやCPUの強化により、操作速度も向上。電子辞書機能や地図アプリもプリインストールされており、新サービスの「W+Info」など買ってすぐに使える機能が増えた。赤外線機能にも対応しており、他社のケータイを利用している人も、大分乗り換えやすくなっている。そんな、ヘビーなスマートフォンとしての性能を残しつつ、よりケータイに歩み寄ったAdvanced [es]を、じっくりとレビューしていく。

薄さ17.9mm、幅50mmでデュアルキーボードを実現

 Advanced/W-ZERO3 [es]の最も大きな特徴は、サイズが約50×135×17.9mm、質量が約157gと小型化されたことだろう。縦こそ長く、携帯電話と比べるとまだまだ最大級の大きさではあるが、ようやくケータイサイズになったと言える。カラーバリエーションはプラチナシルバーの1色で、表面がストライプの金属感を出した加工がされているが、材質はプラスチックだ。質感は、[es]と比較すると、かなり良くなっている。

●Advanced/W-ZERO3 [es]とW-ZERO3 [es]のサイズ比較
項目/機種 Advanced/
W-ZERO3 [es]
W-ZERO3 [es] [es]→Advanced[es]
への変化量(率)
50mm 56mm -6mm(-10.7%)
長さ 135mm 135mm
厚み 17.9mm 21mm -3.1mm(-14.8%)
質量 約157g 約175g -18g(-10.3%)

●Advanced/W-ZERO3 [es]各部名称
Advanced/W-ZERO3 [es]の各部位の説明およびサイズ。サイズを小型化したため、スタイラス収納部や音量調節キー、キーボードの数字キーなどが省かれ、外部メモリーカードスロットもminiSDからmicroSDに変更されている

NEXTケータイサイズで持ち歩け、取り回しもケータイライク