ウィルコムのスマートフォン「W-ZERO3シリーズ」の新機種が1年ぶりに発売される。その名も“Advanced/W-ZERO3 [es](アドバンスト ダブリュゼロスリー エス”(型番:WS011SH))だ!

 名前の通り、昨夏に発売された「W-ZERO3 [es](型番:WS007SH)」のダイアルキーとスライドフルキーボードによる“デュアルキーボード”というスタイルを継承しつつ、よりスリムでコンパクトなボディとなっている。さらに、新感覚コントローラー“Xcrawl(エクスクロール)”や無線LAN・赤外線などの新しい機能を追加。基本性能も3インチワイドVGA液晶やXScale 520MHz、ROM256MB/RAM128MBなどのように強化され、操作速度も向上している進化した(アドバンストな)モデルだ。

 マイクロソフトが6月に発表した新オペレーションシステム(OS)である「Windows Mobile 6 Classic 日本語版」を搭載し、これまでのモデルと同様にウィルコム、シャープ、マイクロソフトの3社で共同開発している。このW-ZERO3シリーズは、日本国内でのスマートフォン市場を創生したといっても過言ではなく、現在では、国内のスマートフォン利用者の約86%が利用しているという。

 そんなW-ZERO3シリーズが、ターゲットユーザー層を広げ、市場を拡大させるために投入したのが、Advanced/W-ZERO3 [es]となる。特に、これまで主にアーリーアダプターのような製品情報に詳しいユーザー層から、女性を含めたアーリーマジョリティやレイトマジョリティといった層にまで利用してもらえるように「日本人にとって最も使いやすい幅である50mmを実現」するなど、サイズのコンパクト化に注力している。

 もちろん、サイズのコンパクト化によるスペックダウンは、これまでのユーザーには御法度といったことも熟知しており、きちんとスペックアップを図ってきている。スマートフォン市場は、ソフトバンクの東芝製「X01T」やHTC製「X02HT」など徐々に機種数も増えてきており、競争も激しくなってきている。そういった中で、この特集では、Advanced/W-ZERO3 [es]をいち早く徹底的にレビューし、ターゲット層を広げつつ、マニアにも魅力的なバランスの取れたモデルになっているかどうかを検証していこうと思う。(memn0ck)


【第1回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【ハードウェア・デザイン編】
スリム&コンパクトになり“ケータイ”サイズでスマートに
“Xcrawl(エクスクロール)”も加わり自由な操作が可能に
【第2回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【操作・通話・メール編】
操作速度もアップ!便利に使える手書きメールにも対応
新OS搭載でメッセンジャーやリモートディスクトップが標準搭載
【第3回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【マルチメディア・ツール編】
地図、辞書、名刺リーダなど多数のアプリがプリインストール
カメラ機能はソフトウェアを大幅改善
【第4回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【インタビュー編】
開発者に直撃!アドエスのアピールポイントを探る
またも開発期間は短期集中!約8ヶ月の完成までの道のり
【第5回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【緊急企画!】
喜久川社長にもアドエスについて聞いてみた
【第6回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【周辺機器編】
サードパーティーとの連携によりスマートな製品が拡充
ワンセグアダプタがパソコンでも使えるようになって帰ってきた
【第7回】
Advanced/W-ZERO3 [es] 【カスタマイズ編】
スマートフォンの醍醐味!アドエスもカスタマイズが面白い
追加アプリでより自分好みに変えられる

NEXTAdvanced/W-ZERO3 [es] 【ハードウェア・デザイン編】