今年1月末にXbox 360で発売され、ネットなどを通して局地的なムーブメントを巻き起こした『アイドルマスター』。かの「とかち」ブームを経て、ファンの熱意はまだまだ冷めない。もちろんメーカーであるバンダイナムコゲームス側も、彼らの気持ちをくみ取ったサービスを展開中だ。

 この特集では、『アイドルマスター』の生みの親である、バンダイナムコゲームスの開発陣を迎え、「アイドル育成」という移植の作品の生まれと、現在のファンの間でのムーブメントについて聞いてみた。(稲元 徹也)


【第1回】 『アイドルマスター』開発者インタビュー(1)
 いわゆる「ギャルゲー」とは一線を画す、「アイドル育成ゲーム」という新たなジャンルに挑戦したバンダイナムコゲームスの開発陣にインタビューを慣行。2005年にアーケード版でリリースされ、今年1月のXbox 360での発売、「とかち」現象も記憶に新しい『アイドルマスター』というゲームが、ファンに今も支持され続けている理由を聞いていこう。

【第2回】 『アイドルマスター』開発者インタビュー(2)
 アーケードでの地道なプロモーションと、家庭用ゲーム機Xbox 360で発売するまでの苦労。そんな紆余曲折を経て、ネットを中心に一大ムーブメントを巻き起こした『アイドルマスター』。前編に引き続き、バンダイナムコゲームスの開発陣にインタビュー。この後編では、『アイドルマスター』というゲームの現在と未来を問う。

【第3回】 【動画付き】双海亜美/真美役・下田麻美さんインタビュー
 『アイドルマスター』特集のトリを飾るのは、「とかちつくちて」を歌ったキャラクター「双海亜美・真美」を演じた声優の下田麻美さん。「とかち」と歌ったその理由を、「中の人」がファイナルアンサー!

【第4回】 【緊急追加】声優・下田麻美さんインタビュー/写真編
 声優・下田麻美さんインタビューに、たくさんのご好評を頂きました。ご要望の多かったインタビュー写真の“未収録カット”を追加掲載いたします。

【参考記事】 「とかちつくちて」が世のゲームファンを魅了!
Xbox 360『アイドルマスター』人気のヒミツは?


NEXTギャルゲーなのにデートしない。それでもヒットした意外な理由