キヤノン

PowerShot G9

実売価格:5万9800円

発売日:2007年9月下旬




このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・有効1210万画素の高精細CCD
・大きくて視野角が広い3型液晶モニター
・RAW形式での撮影が可能になった
・ニコン COOLPIX P5100

 キヤノンのコンパクトデジカメ「PowerShotシリーズ」のハイエンドモデルとして、クラシックな趣のデザインで話題を呼んだ「PowerShot G7」をさらに進化させたのが、今回紹介する「PowerShot G9」(以下、G9)だ。

待望のRAWモード撮影が可能になった!

 まずは、G7から変化した部分を簡単にまとめておこう。まず、撮像素子の有効画素数が1000万画素から1210万画素にアップ。さらに、背面の液晶モニターが2.5型から3型に大型化するとともに、パネル自体もより画像を確認しやすいクリアライブ液晶IIになった。また、要望の多かったRAW形式での画像記録にも対応した。

 さらに、多彩なAFの設定や、多灯ライティングも可能な外部ストロボ設定など、ハイエンドモデルと呼ぶにふさわしい多機能なモデルに仕上がっている。

全体的なデザインは、旧モデルの「PowerShot G7」を踏襲しているものの、細部のデザインや塗装の変更で高級感がアップした。また、グリップの形状が盛り上がったものに変わり、ホールド性も向上している

 基本的なデザインはG7を踏襲しているが、より精悍なイメージになった。また、表面にはレザートーンの塗装が施され、高級感がさらにアップした。皮のような細かい凹凸が付いたことにより、見た目とともに触った感触の高級感も高めている。

 ボディーは、ひたすら軽量・コンパクトを目指すスリムモデルとは一線を画す大きさで、手に取るとズッシリと重さが感じられる。しかし、この大きさと重さが、写真を撮るんだという気合いを持たせてくれるなど、なかなか絶妙なバランスだと思う。

クラシカルな印象を与えるデザインを維持しながら、液晶モニターを3型に大型化することに成功。液晶モニターは視野角が広く、視認性は高い。電源オフ時はレンズが本体内に収納され、ほぼフラットになる

 外見で一番目を引くのは、液晶モニターの大きさだろう。G7の2.5型に対し、ひとまわり大きな3型へとサイズアップした。ただ単に大きくなったというだけではなく、広い視野角と色再現領域を持つクリアライブII液晶を採用したのもポイントだ。明るさやコントラストも高く、実画像よりも鮮やかに表示される傾向が強いように感じられるが、これはこの機種に限らずコンパクトデジカメにはよく見られる傾向だ。

 液晶モニターの大型化に合わせ、画像のピント確認がしやすいよう工夫が凝らされている。これは、画像全体とピントを合わせた部分の拡大画像の2枚を同時に表示する機能で、画面が大きい分だけ画像が見やすい。また、フェイスキャッチテクノロジーで検出した顔の部分を拡大して表示させることも可能だ。

PowerShot G7(右)と並べてみた。基本的なデザインは同じながら、レンズ周囲のリングや背面のコントロールホイールなどを変更している。液晶モニターはわずか0.5型の差ながら、大きさの違いが実感できる

 ボタンやダイヤルのレイアウトは、先代のG7から基本的に大きな変化はない。頻繁に設定を変更するISO感度設定が、独立したダイヤルとしてボディー上部の左側に置かれているのもG7と同じだ。

 ISO感度変更に関して、ほとんどのコンパクトデジカメは4方向ボタンなどを押すことで行う仕組みのため、最初はそのあたりを思わず探してしまった。慣れれば、見た目ですぐにISO感度を確認でき、電源が入っていない状態でも感度を設定できるため、なかなか使いやすい。このクラスのカメラでは不要なのかもしれないが、1/2段や1/3段で感度を変えられないのがちょっと不満だ。

記録メディアはSDメモリーカードとSDHCカードを採用。バッテリーは、EOS Kiss Digital Xと同じ大型タイプで、撮影枚数は約240枚をキープしている

 オートフォーカスは、キヤノンのコンパクトデジカメの多くが搭載している9点AiAFを採用する。通常は、画面の中央に大きめにAF枠が表示されるのだが、これを狭めることができるようになった。背面のコントローラーホイールや4方向ボタンを使って、このAF枠を画面内の任意の場所に移動できる。

 手持ちで撮影している時ならば、AF枠を中央に固定して、半押しでフォーカスロックしたあとでフレーミングする方が手っ取り早いのだが、三脚を使ってカメラを固定したうえでピントを合わせたい時には便利な機能だ。

 顔優先AFはさらに進化して、複数の人物を認識した場合でも、ピントを合わせたいメインの人物を任意に選択できるようになった。