リコー

Caplio GX100

実売価格:7万9800円

発売日:2007年4月20日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・24mmからの光学3倍ズームレンズ
・クラシックなイメージの薄型ボディー
・大型の有効1001万画素CCDを搭載
・キヤノン PowerShot G7
・リコー GR DIGITAL
・松下電器産業 LUMIX DMC-LX2

 近ごろ、コンパクトデジカメの広角側が重視されるようになり、ワイドコンバーターなどのオプションを付けずに28mm相当の画角に対応した製品が各社から登場している。しかし、以前はリコーの「Caplio」シリーズの独壇場といってもいいジャンルだった。その集大成ともいえるのが、コンパクトデジカメとしては異例の28mm相当の単焦点レンズを搭載した「GR DIGITAL」(2005年10月発売)といえよう。

 この春、リコーが発売した「Caplio GX100」は、あえてGRの名を冠していないものの、ボディーのシルエットや質感はそのGR DIGITALに近いものになっている。24mm相当からスタートする光学3倍ズームレンズとともに特徴的なのが、着脱可能な液晶ビューファインダー(EVF)が付属するという点だ。


着脱できるビューファインダーは便利!

 コンパクトデジタルカメラは、背面の液晶モニターにライブビュー画像が表示され、それを見ながら撮影するのが基本だ。機種によっては光学式ファインダーを備え、液晶モニターをオフにしても撮影できたり、高倍率ズーム機を中心にEVFを搭載するモデルもある。しかし、EVFが着脱式になっており、しかも本体に標準で付属するというのは、メーカーによれば初めてのことなんだそうだ。

広角24mmからの光学3倍ズームレンズを搭載した、高性能コンパクトデジカメ「Caplio GX100」。Caplioシリーズの名称を冠するが、ボディーのデザインやコンセプトは同社の「GR DIGITAL」によく似ているのが分かる

なだらかに盛り上がるグリップや背面のボタン類のレイアウト、薄型のボディーはGR DIGITALそっくり。周囲にクロームメッキが施されたレンズ部や内蔵ストロボの形状、取り外し式の電子ビューファインダーなどが数少ない相違点だ

 EVFのメリットは、明るい屋外で液晶モニターが見づらくなってもライブビュー画像を確認しやすいとか、顔でカメラを支えられるためブレにくくなるという点だ。何より、写真を撮影しているっていう気分にさせてくれるのも、大きな利点のひとつといえるだろう。今回の撮影では、ほとんどのシーンでEVFを使って撮影を行った。

ホットシューに取り付けるタイプの電子ビューファインダーが標準で付属するのがGX100の特徴だ。90度の範囲で角度が変えられるため、低いアングルでの撮影も難なくこなせる

 外付け式ということもあり、クオリティーに若干の不安を感じていたのだが、覗いてみると精細感のある見やすい画像が表示されていた。接眼部を回すことで視度補正が行えるのだが、これがちょっとシビア。ベストポイントを見つけるのに苦労した。

キヤノンの「IXY DIGITAL 10」(右)のようなコンパクトモデルと比べると、本体はかなりワイドなのが分かる。しかし、薄型で軽量なため、持ち運びは苦にならないだろう 記録メディアはSDメモリーカードで、SDHCカードにも対応する。バッテリーは比較的厚みのあるタイプで、バッテリー撮影枚数は約380枚と十分なレベルを確保している

 ライブビューをEVFで表示しつつ、再生ボタンを押したら背面の液晶モニターに撮影画像を表示する、と使い勝手を考慮した設計がなされているが、メニュー画面に入った時に表示が液晶モニターには切り替わらず、EVF内に表示されるのが残念。ちなみに、EVFの接眼部の右下にあるボタンを押すと、表示が液晶モニターに切り替わるようになっている。

NEXT ワイドコンバーターの装着で、19mm相当の超広角撮影に対応!