ウィルコム(京セラ製)

WX310K

実売価格:2万3800円(機種変更)

発売日:2005年11月25日


 ウィルコムの京セラ製「WX310K」は、フルブラウザケータイとして“京ぽん”の愛称で親しまれた「AH-K3001V」の後継機種となる。フルブラウザ「Opera」の搭載はもちろん、2.4インチ液晶ディスプレイや130万画素CMOSカメラ、Bluetoothを搭載するなど、前機種でスペックに物足りなさを感じていたユーザーでも満足できる端末に進化した。それではAH-K3001Vの発売から約1年半ぶりとなる、京ぽんユーザー待望の新機種「WX310K」を見ていこう。


アルミパネルを採用したハイエンドモデルならではの質感

 形状は前機種よりもスクエアなイメージを強調した、折りたたみ型を採用。表側全体にメタリックな塗装を施し、カメラやサブディスプレイ周辺にはアルミパネルを組み込んだ。いかにも“金属っぽい”といったツヤのある外観とは対照的に、本体内側は落ち着いたマットな加工。全体の質感は前機種よりも向上し、ハイエンドモデルに相応しいデザインに仕上がっている。カラーバリエーションは、写真のシルバー、ビターオレンジ、ノーブルピンクの3色を用意した。

WX300Kの外観。ヘアライン加工された中央のアルミパネルが見た目にも高級感を漂わせる

 メインディスプレイは前機種より大型の2.4インチ・QVGA(240×320ドット)液晶を採用。閉じた状態でも着信情報を知らせてくれる1行サブディスプレイ液晶も搭載している。サブディスプレイのバックライトは着信ランプも兼ねており、26色+イルミネーションから、選択した色の点滅で着信や不在着信を知らせてくれる。

 中央のアルミパネル側面にはステレオスピーカーを搭載。端末を机などに置いた状態でも、ステレオ対応の着信音や楽曲を楽しめる。また、イヤホン端子は最近の携帯電話に多く採用されている平型となり、対応のマイク付きステレオイヤホンで音楽を楽しむことも可能だ。キー配置などは前機種とあまり変っていないが、サイドキーが両側面に搭載され、Opera利用時の拡大縮小表示設定をワンボタンで変更できるようになった。

miniSDカードスロットはヒンジ下に搭載。サイドキーは両側面に搭載され、フルブラウザ「Opera」利用時には拡大縮小キーとしても利用できる

 パッケージには充電器やUSBケーブル、通信設定ソフトやアドレス帳の設定ソフトが付属する。充電器はUSBケーブルを接続したまま利用できるタイプだが、ACアダプターと充電台が一体化しているため、一般的な携帯電話の充電器のようにACアダプター部だけを充電器として持ち運べない点は残念。なお、USBケーブルによる充電機能は前機種から引き続き搭載する。USBケーブルを接続することで、モバイルデータ通信のほか、マスストレージクラスに対応したminiSDリーダーライターとして利用することも可能だ。

充電台に置いたままでUSBケーブルでパソコンと接続し、モバイルデータ通信なども利用できる。USBケーブルでパソコンに接続して充電することも可能だ

背面ディスプレイ。着信や不在着信を、文字やアイコンのほかバックライトが設定した色で点滅することで知らせてくれる。写真はアイコンを優先して表示する状態だが、サイドキーを押すことで日付と時間が表示できる

NEXT「Opera 7.0」とBluetooth機能をチェック!