異なるメーカーの製品でも無線LAN機器が問題なく接続できることを認証する組織「Wi-Fiアライアンス」が定めたセキュリティ方式が、「WPA(Wi-Fiプロテクテッド・アクセス)」です。今年9月に発表された新方式の「WPA2」では、「AES」という暗号化方式に対応しました。それ以外は、従来のWPAと比べて機能面で大きな違いはありません。

●WPAとWPA2の違いはAESへの対応
WEP TKIP AES IEEE802.1x
概要 無線LANでは一般的な暗号化方式だが、解読されやすいという弱点がある 暗号化に使う乱数の長さをWEPの倍にするなど、解読されにくくした 米国政府が2000年10月に標準として採用した、強力な暗号化方式 無線LANで接続する機器を認証するための方式。企業向け機器で使われる
WPA ○※
WPA2 ○※
※個人向け製品では対応していない場合もある

 従来からの暗号化方式「WEP」は、悪意のある第三者が電波を傍受すると、暗号が解読されやすいというセキュリティ上の問題がありました。

 セキュリティを高めるために、IEEE(米国電気電子技術者協会)は「IEEE802.11i」という方式の策定を進めていましたが、標準化の作業に長い時間がかかっていました。そのためWi-Fiアライアンスは2002年10月、IEEE802.11iの機能を先取りしたWPAを発表し、無線LANのセキュリティ向上を目指しました。

 その後、2004年6月になってIEEE802.11iが策定されました。これを受け、Wi-FiアライアンスはIEEE802.11i仕様と同じ機能を備えたWPA2を改めて投入したのです。WPA2によって「一部の企業や政府機関などAESの導入を必須(す)としているユーザーにも対応できる」(Wi-Fiアライアンス)としています。

普及は来年以降に

 バッファローやNECアクセステクニカなど主要な無線LAN機器メーカーでは、まだWPA2の対応機器を発売していません。バッファローは「WPA2対応製品の発売は来年以降」としています。現時点で対応が進まない理由には、改めてWPA2の認証を受けると費用がかかるというメーカー側の本音もあるようです。

 無線LAN機器の購入に当たっては、WPA2対応の製品が登場するのを無理に待つ必要はないでしょう。実は、既に多くのメーカーがAESに対応した機器を数多く発売しています。こうした製品は、WPA2の認証を受けていないとはいえ、同等の暗号化機能が利用できるからです。