Windowsは、「プログラム」メニュー→「アクセサリ」にある「外字エディタ」を使うことで、ユーザー好みの字形を扱える「外字」を作成できます。しかし現在、マイクロソフトの方針では、「作成した外字を他のマシンで使用することは動作保証外」です。

Windowsには外字を作成するための「外字エディタ」の機能がある。作成された外字はEUDCなどの名前が付いたファイルに保存される

 ただ、編集部で試したところ、外字を移せる場合もありました。ご参考のために、その方法を以下に記述します。ただし、これで外字が移せるとは限りません。システムに不具合が出ない保証もありません。試す場合は自己責任となります。

コマンドでコピー

 Windowsの「外字エディタ」で、「すべてのフォントにリンクする」を選択して作った外字は、「EUDC.TTE」「EUDC.EUF」ファイルに格納されます。TTEファイルには外字フォントのデータが格納され、EUFファイルは外字フォントの管理に使用されています。

 外字ファイルを移すときは、スタートメニューから「MS-DOS プロンプト(Windows 2000/XPではコマンド プロンプト)」を起動して作業します。作業前や作業中は、外字エディタは起動しないでおきます。いったん起動してしまうと、コピーできない場合があるからです。

 例えば、Windows 98/MeパソコンにあるEUDCファイルをフロッピーに保存してほかのパソコンに移す場合は、フロッピーを入れて、MS-DOS プロンプト画面で「copy eudc. * a:」と入力し、[Enter]キーを押します。

 次に、例えばコピー先のパソコンがWindows 98/Meの場合は、外字ファイルを保存したフロッピーを入れて、MS-DOS プロンプトを起動して「copy a:eudc.*」と入力。[Enter]キーを押します。

 また、コピー先がWindows XPのときは、コマンド プロンプト画面で「copy a:eudc.* C:\windows¥ fonts」と入力し、[Enter]キーを押します。Windows 2000のときは、「copy a:eudc.* winnt¥fonts」と入力し、[Enter]キーを押します。

 この際、既にコピー先のパソコンに外字ファイルがあって、上書きするかどうかメッセージが表示されたら、「y」または「yes」と入力して上書きします。それまでの外字はなくなりますが、外字エディタを起動すると移した外字が取り込まれます。

 ただし、外字ファイルをコピーする際にエラーが出たり、うまく外字が登録されないこともあります。登録されても不完全で、外字エディタの「コードの選択」画面に表示が出ない場合などもあります。


外字をコピーするときにはコマンド プロンプト(MS-DOS プロンプト)を起動してEUDCファイルなどを指定する