Webページを見ているとき、頻繁に使うボタンがInternet Explorerのツールバーにある「戻る」ボタンです。けれども一部のWebページでは、「戻る」ボタンを押しても、前のWebページに戻れないものがあります。これらは基本的に、同じページにループするように作られています。

 一例を紹介します。Webページを[1]→[2]→[3]と順に移動したとします。ここで[3]のページから戻れなくなった場合、「A」という[3]へ強制的にジャンプするページが[2]と[3]の間に存在しています。[1]→[2]→[3]と移動してきたつもりが、実は、[1]→[2]→A→[3]となっていたわけです。[3]のページで「戻る」ボタンを押すと、一瞬Aのページに戻りますが、すぐさま[3]にジャンプする仕組みになっているわけです。利用者側からすれば、[3]のページが一度消えて再表示されたように見えます。

 この[3]のぺージから[2]に戻るには、「戻る」ボタンを素早く連打するといいでしょう。Aから[3]に強制ジャンプする前に[2]に戻るのです。連打で戻れない場合は、戻るボタンの右横にある下向きの矢印を押して、前のページに戻ってください(図)。「戻る」ボタンの上で右クリックしても同様の操作ができます。

「戻る」ボタンを押して戻れなかったときは、ボタンを連打するか、「戻る」ボタンの隣にある下向きの矢印を押して前のページに戻ろう