「Office 365 サービス」は1年限り

 個人向けのOffice 365といえるOffice 365 Soloは、最初からサブスクリプション形式で販売されているので、比較的理解しやすいだろう。WordやExcelなどのOfficeアプリケーションを月額または年額課金で利用できるほか、1TBのオンラインストレージ(OneDrive)やスマートフォン/タブレット向けOfficeを商用利用できる権利などが付属する。継続して使いたければ、契約を更新し続ければいいだけだ。

 対して、Office Premium プラス Office 365 サービスは少々複雑だ。パソコンにプリインストールされている製品なので、ライセンス形態を意識せずに使っているユーザーが多いことも、混乱の種になるかもしれない。

 Office Premium プラス Office 365 サービスは、従来の永続ライセンスとサブスクリプション形式の“折衷案”といえる。Officeアプリケーションについては、永続ライセンスと同様にずっと使い続けることができる。しかもOffice 365と同様、最新版へと無料でアップグレードできるという特典付きだ。製品名に「2013」「2016」といったバージョン番号が付いていないのはそのためである。ただし、「プラス Office 365 サービス」の部分である1TBのオンラインストレージ(OneDrive)やスマートフォン/タブレット向けOfficeを商用利用できる権利などは、1年間に限られる。2年目以降も使うには、年額6264円でのサブスクリプション契約を更新しなければならない(図4)。

図4●Office Premiumに付属するOffice 365 サービスの更新ページ。6264円で1年間延長できる
[画像のクリックで拡大表示]