ショートムービーが楽しい「ライブフォト」、シャッター音が小さくなるメリットも

 まず注目したいのが、写真に追加された新機能「ライブフォト」(Live Photos)だ。写真を撮影する際、シャッターを押す前後の3秒間(シャッター前1.5秒、シャッター後1.5秒)の音声付き動画を同時に撮影し、写真とショートムービーの両方を記録するというもの。撮影した写真は、写真アプリの「カメラロール」内に保存され、3D Touchを利用して画面を押し込むとショートムービーが再生される仕組みだ。ライブフォト中も写真の連写はできるが、連写中は生成されるショートムービーが短くなる。

iPhone 6s/6s Plusでは、セルフタイマーとHDRの間にライブフォトのアイコンが新設された。これをタップするとオン/オフが切り替わるが、標準ではオンになっている
[画像のクリックで拡大表示]
撮影したライブフォトは、アイコンを少し強く押し込むと大きく表示して再生が始まる(音声は出ない)。さらに強く押し込むと全画面表示になり、音声付きで再生される仕組みだ
ライブフォトを使えば、写真をしっかりと撮りつつ周囲の雰囲気も残せるので、なかなか楽しい

 生成されるショートムービーはパラパラ漫画のような動きで、決してなめらかとはいえない。だが、撮影する際のかけ声や周囲の歓声、撮られた人の生き生きとした表情が手間をかけずにショートムービーとして記録でき、3D Touchで容易に再生できることから、写真にプラスアルファの楽しさが加わる。何より、写真撮影と同じ感覚のまま撮れるのがよい。デフォルト(標準)の状態ではライブフォトはオンになっており、ライブフォトを次世代の写真撮影のスタンダードとして広く使ってもらいたいとアップルが考えていることがうかがえる。

 ライブフォトを有効にすると、通常の撮影とは決定的に異なる点が存在することに気がつく。撮影の際、おなじみの「カシャン」という大きなシャッター音がせず、ムービー撮影と同じ「ポコン」という柔らかな音がショートムービーの撮影終了時に小さめに鳴るだけなのだ。ライブフォトは音声付きの動画を撮影の1.5秒前から記録することから、騒々しいシャッター音が音声に入り込まないようにとの配慮なのだろう。

ライブフォトの撮影時、シャッターを切った瞬間は無音なのが分かる。ショートムービーを撮影して処理が終わった段階で「ポコン」と柔らかな音が鳴る

 つまり、ライブフォトで撮影することで、日本版のiPhoneでは難しかった「周囲にシャッター音を響かせず迷惑をかけない撮影」が可能になるのだ。ライブフォトで撮れる写真は通常モードと同じフル画素なので、ライブフォトのショートムービーが必要でなくても、騒々しい音を立てずに撮影したいシーンで利用する価値が生まれる。静かなレストランで料理を撮影したい場合や、子どもの寝顔を撮りたい場合、周囲に動画を撮影している人がいる場合など、これまでiPhoneでの撮影がためらわれたシーンでも臆することなく撮れるようになるのがありがたい。ちなみに、連写中は一切音が鳴らず、連写が終わったあとに1回だけ「ポコン」と鳴るだけだった。

 ただし、iPhone 6s Plusでは1つだけデメリットが発生する。夜景や室内などの低照度時の画質が悪くなるのだ。光学式手ぶれ補正機構を備えるiPhone 6s Plusは最大1/4秒までシャッター速度が落ちる仕組みで(手ぶれ補正のないiPhone 6sは最大1/15秒)、スローシャッターにして感度上昇を防ぐことでさらなる高画質を狙う味付けになっている。だが、ライブフォトを有効にすると、どんなに暗くても1/15秒までしかシャッター速度が落ちなくなり、感度が高くなってしまうのだ。ライブフォトは、バックグラウンドでショートムービーを撮影しなければならないため、あまり遅いシャッター速度だとショートムービーの動きが止まってしまうことを嫌ったのだと推測できる。夜景や室内撮影で画質を重視したい場合、ライブフォトはオフにするのがベターだろう。

 ちなみに、ライブフォトで生成される動画ファイルは1440×1080ドットのMPEG-4形式で、ファイルサイズはおおむね3MB前後になる。写真は1枚あたり3MB~4MBなので、1回の撮影でのメモリー消費容量はほぼ倍近くになってしまうが、64GBや128GBなどの大容量モデルならば基本的にオンのままでも問題ないだろう。

 撮影したライブフォトは、iPhone 6s/6s Plus以外でもiOS 9を導入していれば再生できる。3D Touchの押し込む操作はできないが、画面の長押しで再生が始まる。