アップルが新型iPhone「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を発表した。製品名からも分かる通り、従来モデル「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のマイナーチェンジ版という位置付けということもあり、見た目はほとんど変わっていない。だが、内部はフルモデルチェンジといっていいほどの大きな進化を遂げていた。

 なかでも大きく進化したのが、機種選びの際に重視する人が多いカメラ機能だ。さらなる高画質化を図っただけでなく、ショートムービー付きの写真が手軽に撮れるユニークな新機能を投入して楽しさもアップした。シャッター音を最小限に抑えた撮影ができるという意外な副産物の存在も確認できた。今回は、カメラ機能を中心としたレビューで新しいiPhoneの魅力をチェックしていきたい。

9月25日に発売を迎える新型iPhone「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。新色のローズゴールドが出たことを除けば、見た目はiPhone 6シリーズとまったく変わらない
[画像のクリックで拡大表示]
4.7型液晶の「iPhone 6s」(左)と、5.5型フルHD液晶の「iPhone 6s Plus」(右)の2ラインアップを継承する。iPhone 6シリーズと比べ、重量はいくぶん増した
[画像のクリックで拡大表示]
新色のローズゴールド。ゴールドモデルにピンクをプラスしたような淡い色合いで、けばけばしさは感じず上品な雰囲気だ
[画像のクリックで拡大表示]
上が新色のローズゴールド、下が従来のゴールド。薄暗い場所では違いが分からないかもしれない
[画像のクリックで拡大表示]
操作ボタンやコネクターの配置は従来と同じ。iPhone 6と比べ、iPhone 6sは厚みと高さが約0.2mm、幅が0.1mm増したものの、iPhone 6用のケースは多くがそのまま流用できるだろう
[画像のクリックで拡大表示]
天面がシンプルなエンボス加工のみだったiPhone 6シリーズとは異なり、iPhone 6sシリーズは本体カラーと同じ印刷が施されている
[画像のクリックで拡大表示]