Apple Musicが始まった今年は「サブスクリプション(定額音楽配信)元年」とも言われ、国内でもAWA、LINE MUSIC、そしてGoogle Play Musicと続々と新しいサービスが始まっている。毎月定額料金で、数百万、数千万曲単位の曲が聴き放題となるこのサービスには、それぞれ初回登録ユーザーにはフリートライアル期間が設けられていることもあり、いま多くのリスナーが試しているはずだ。

 もしAWAやApple Musicをサービスイン直後から使っているなら、そろそろ3カ月のフリートライアル期間も終わる頃だろう。筆者も含め、どのサービスを選ぶべきか迷っているこの時期に、AWAは1080円から960円(税込)に料金を値下げ、Google Play Musicは10月18日までに登録すれば780円(税込)というキャンペーンで、ユーザーの獲得を狙っている。

 一体どれを選べばいいのか。ポイントはいくつかあるが、定額配信サービスを使う使わないを決めるのは、まず、そこに聴きたい音楽があるかないかだろう。

9月3日に突如として始まったGoogle Play Music。3500万曲という国内既存サービスとはケタ違いの楽曲数と、5万曲まで自分の音楽ライブラリを保存できるCloudロッカーがセールスポイント
[画像のクリックで拡大表示]

新曲が一番聴けるサービスはどれか?

 配信規模を示す曲数や、参加レーベルなどはサービス側で発表しているが、意外と分かりにくいのが新譜の配信状況だ。

 レーベルが配信サービスに音源を供給しているからと言って、すべての所属アーティストの曲が配信されているとは限らない。これは配信の許諾はアーティスト単位で行われるため。そしてダウンロードでは新譜を配信していても、定額配信では留保しているケースもある。だから、すべての新譜がCD発売と同時に配信されるわけではない。

 では実際にはどうなっているのか。2015年8月度のオリコン月間シングルランキング、上位20曲について各サービスの配信状況を調べてみた。

オリコン月間シングルランキング(2015年8月度)
順位 曲名/アーティスト スマホでUSEN うた
パス
d
ヒッツ
LINE MUSIC レコチョクBEST KK BOX AWA Apple Music Google Play Music
発売元
1 ハロウィン・ナイト/AKB48 ×
キングレコード
2 前のめり/SKE48
エイベックス・トラックス
3 前向きスクリーム!/関ジャニ∞ × × × × × × × ×
インフィニティ・レコーズ
4 I am a HERO/福山雅治 × × × × × ×
ユニバーサルミュージック
5 Oh my wish!/スカッとMyHeart/今すぐ飛び込む勇気/モーニング娘。’15 × × × × × ×
ZETIMA
6 24karats GOLD SOUL/EXILE
rhythm zone
7 夏色 MY GIRL/BTOB
KISS Entertainment Inc.
8 イッチャって♪ ヤッチャって♪/SUPER☆GiRLS
iDOL Street
9 Hard Knock Days GENERATIONS/from EXILE TRIBE
rhythm zone
10 BEAUTIFUL NAME/DANCE EARTH PARTY feat.The Skatalites +今市隆二 from
三代目J Soul Brothers
rhythm zone
11 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT/CINDERELLA PROJECT × × × × × × × ×
日本コロムビア
12 I LOVE THE WORLD/UVERworld × ×
ソニー・ミュージック レコーズ
13 エビバディ/Da-iCE
ユニバーサル ミュージック
14 JOIN HANDS/SUPER JUNIOR-K.R.Y.
エイベックス・トラックス
15 長く短い祭/神様、仏様/椎名林檎 × × × × × × × ×
ユニバーサル ミュージック
16 わかっているのに ごめんね/ためらい サマータイム/カントリー・ガールズ × × × × × × × ×
ZETIMA
17 ドリアン少年/NMB48 × × ×
laugh out loud records
18 手紙/back number × × × × × × × ×
ユニバーサル ミュージック
19 THE☆有頂天サマー!!/虹のコンキスタドール × × × × × × ×
FUJIYAMA PROJECT JAPAN
20 君がくれた夏/家入レオ × × × × × ×
ビクター エンターテインメント
サービスタイプ ラジオ オンデマンド
新曲配信数 9 9 7 7 7 6 7 6
月額料金 529
324
324
1080
980
980
960
980
980
◯=新譜配信あり(ラジオ型はプレイリスト登録あり)/△=旧譜配信あり/×=配信なし
※スマホでUSENは検索機能がないため確認できず


 配信されている新譜は半分にも満たないこと。新曲の配信はうたパス、dヒッツのラジオ型が9曲、オンデマンド型はそれより2、3曲少ない。新曲を聴きたいなら、料金設定も安いラジオ型が良いという結論になる。

 個別のタイトルを見ていくと、オンデマンド型には、アイドルやアニソンの配信が少ない。利益率の高いCDで確実に売れるこのジャンルは、メリットが薄いのだ。そして今回のチャートで7位に入っている韓国のアイドルユニット「BTOB」の新譜も、タワーレコード渋谷店が展開する日本オリジナルのパッケージで、今のところ定額配信に入れる理由がない。

 それでも、SKE48やモーニング娘。家入レオのように、ラジオ型にのみ新曲を配信しているアーティストもいる。その理由はラジオ型の再生スタイルにある。