スキップ機能ありの「うたパス」と制限なしの「dヒッツ」

サービス名:うたパス
運営:KDDI
サービス開始:2012年6月27日
対応機器:Android、iOS、Smart TV Box
月額料金(税込み):324円(初回登録から14日間無料)/Apple IDでの課金は360円(トライアル期間1カ月付き)
URL:http://au.utapass.jp/
アプリ起動毎に10回までという制限付きでスキップ機能が使える。残り回数は画面上部に表示される
[画像のクリックで拡大表示]
サービス名:dヒッツ
運営:NTTドコモ、レコチョク
サービス開始:2012年7月3日
対応機器:Android、iOS
月額料金(税込み):「dヒッツ(300円)」聴き放題のみ324円/myヒッツ機能付き540円(現在31日間無料キャンペーン中)
URL:http://selection.music.dmkt-sp.jp/
1日3回までだったスキップ制限は、昨年12月から撤廃され無制限に。プレイリストを見ながら飛ばし聴きできてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 「うたパス」はKDDI、「dヒッツ」はNTTドコモと携帯キャリアのサービスだが、どちらもキャリアの契約とは無関係に使える。歌詞が表示できる曲では、曲の進行に合わせて画面がスクロールしながらハイライト表示するのも、この2つのサービスの特徴だ。

 大きな違いは選曲性で、dヒッツにはスキップ回数の制限がない。加えてプレイリストの選曲内容が確認できるので、聴きたい曲まで飛ばして再生できる。若干手間はかかるが、ラジオ型としては選曲の自由度が高い。

 一方、うたパスのプレイリストはランダム再生で、次に何がかかるか分からない。聴きたい曲が始まるまでスキップしていくと、簡単に回数制限に達してしまう。アプリを強制終了して再起動すると、残り回数はリセットされるので、実質的に無制限にスキップできるという、不思議な仕様になっている。

 そうした選曲性の点で、dヒッツがオススメだが、もうひとつ限定つきながら面白い機能がある。