なぜ無償でアップグレードするのか?

 他のOSをみると、いずれもデバイスが対応できる範囲でという条件付きだが、すでにアップルのOS Xのアップデートは無料で提供されているし、スマートフォン用OSのiOSも無料でアップデートできる。メーカーや通信キャリアを通じてアップデートが提供される形だが、Androidも同様だ。Windowsもようやく、それらと同様の提供方法になったと考えればいいだろう。

 最新OSを無料で提供するのはマイクロソフトにとって損のように思える。しかしWindows 7と8.1のユーザー(そして日本では非常に少ないがWindowsフォンのユーザー)の大半がWindows 10にアップグレードしてくれれば、Windows向けアプリの開発者はターゲットをWindows 10に絞ることができる。アプリ開発やサポートがやりやすくなり、OSにひもづいたアプリストアでの売り上げもこれまでより期待できるようになる。

 そのメリットが大きいことはアップルの「iTunes Store」を見れば明らかで、Googleの「Google Play」も同様だ。エンドユーザーにOSは無料で提供し、アプリやサービスで稼ぐというのが今の流れであり、マイクロソフトもWindows 10とストアでそうした方向に舵を切ろうとしている。そう考えるとWindows 7/8.1から無償アップグレードできるのは自然な流れと言えるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]
PCだけでなくスマホ、組み込み機器やホロレンズなどあらゆる機器でWindows 10が動き、さらにはAndroidアプリやiOSアプリを最小限の手間で動作させる仕組みを提供してそれらのユーザーも取り込む。10億台のWindows 10デバイスによる市場はその先にある
[画像のクリックで拡大表示]

 なお企業ユーザーは、新しいアップデートが出たからといってすぐに適用しないのが一般的だ。業務に使って問題ないかどうか検証する時間が必要だからだ。そのため、リリース後のアップデートには複数のモデルが用意されている。セキュリティーパッチやバグフィックスのみで、機能改善や新機能のリリースのない固定化モデルも用意されている。

コンシューマーユーザー向けには最新機能をアップデートでどんどん提供してくが、企業ユーザー向けには検証期間を設けたモデルや固定化モデルも用意する
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)