写真で見るパナソニック歴史未来館:照明とともに広がる配線技術

1958年、大阪・桜橋に「適正配線相談所」を開設。当時は適正な配線が行われず、問題が発生しており、これに対応するものだった。翌年には東京タワー内と銀座に適正配線相談所とショールームを開設している
[画像のクリックで拡大表示]
1957年に発売となった「ハイ連用配線器具」。幅広いスイッチのラインアップをそろえた
[画像のクリックで拡大表示]
1952年に発売した配電函(左)と、1958年発売の安全分電盤
[画像のクリックで拡大表示]
1966年に提案した「電気の1・2・3運動」。1部屋、2あかり、3コンセントの構成が最適とした
[画像のクリックで拡大表示]
1967年には2線式ハイリモコン新セレクタスイッチを発売。一カ所から操作できる
[画像のクリックで拡大表示]
大ヒット製品となったフルカラー配線器具。1971年に発売した。当時は80%以上のシェアを持っていたといわれる
[画像のクリックで拡大表示]
配線器具「コスモシリーズ」。1982年の発売だ
[画像のクリックで拡大表示]
コスモシリーズの「ワイド21」配線器具。スイッチを大きくすることでさまざまな機能を搭載できる
[画像のクリックで拡大表示]