5月1日に実施された携帯電話のSIMロック解除義務化。NTTドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアは義務化に合わせてSIMロック解除の条件や手続き方法などについて公開しているが、NTTドコモは7月7日に条件がやや変更された。これを機に、各キャリアのSIMロック解除の仕組みを、改めて確認してみよう。

5月1日以前と以後で分かれるNTTドコモのSIMロック解除方法

 端末を購入したキャリアのSIM以外を挿入しても通話や通信が利用できないようにする“SIMロック”を解除し、どのキャリアのSIMを用いても利用できるようにする、いわゆるSIMロック解除。従来一部でしか実施されていなかったSIMロック解除が、さまざまな経緯の末、5月1日に全てのキャリアに対し義務化されることとなった。

5月1日にSIMロック解除義務化が実施され、ビジネス拡大を狙う仮想移動体通信事業者(MVNO)やSIMフリースマートフォンメーカーは、5月前後に相次いで発表会を実施した
[画像のクリックで拡大表示]

 これによって5月1日以降に発売された端末は、組み込み型の端末などごく一部を除き、原則全てSIMロック解除できるようになった。しかしながらいつでも、どんな端末でも、無条件にSIMロック解除ができるわけではない。制限を設けないと、海外などへの転売目的で端末を購入し、短期間のうちに解約してしまったり、毎月の携帯電話料金を踏み倒したりする問題行為が増加するため、解除するには一定の制限が設けられている。

 またSIMロック解除に必要な条件や、その解除方法に関しては、キャリアや端末の発売時期によってさまざまな違いがある。そこでここでは、各キャリアのSIMロック解除に必要な条件と、解除方法を改めて確認してみよう。

 まずNTTドコモは2011年4月より、一部端末を除いて有料でのSIMロック解除に対応している。そのため今年の4月までに発売された端末と、義務化が開始された5月以降に発売された端末とでは、SIMロック解除の条件や解除方法に違いがある。

 今年の4月までに発売された端末の場合、SIMロック解除に対応した端末をドコモショップに持ち込み、3000円を支払えばSIMロック解除は可能だ。「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」、「ケータイ補償ロック」がかかっていない端末であれば、今日購入した端末や、中古端末などであっても基本的に解除できる。

 ただし全ての端末がSIMロック解除できるわけではなく、特に人気が高いアップルのiPhone・iPadシリーズは解除非対応端末となっている点に注意されたい。