シグマの新世代レンズの第一弾、絞り開放で使いたいレンズ

1

シグマ

35mm F1.4 DG HSM

実売価格:8万8000円

対応マウント:キヤノンEFマウント、ニコンFマウント、ソニーαマウント、ペンタックスKマウント、シグママウント

 2012年、シグマは「SIGMA GLOBAL VISION」と銘打ち、レンズの製品ラインを最高の光学設計を駆使した「Art」、幅広いシーンで活躍する「Contemporary」、堅ろう性も備えたスポーツ撮影向きの「Sport」の3つに分類した。なかでも注目したいのは、描写性能に注力した「Art」シリーズだ。シリーズの最初の製品として登場した「35mm F1.4 DG HSM」は、完成度の高さで多くのレンズファンを驚かせた1本だ。

 レンズを手に取ってまず感じるのは、外観のクオリティーの高さだ。鏡筒は、美しい輝きを放つ黒のアルマイト仕上げの金属を採用するのに対し、レンズフードはツヤを抑えたエラストマー仕上げとするなど、シンプルな造形ながら各部で違った質感が見事に調和していて美しい。フォーカスリングも適度なトルク感を持った作りになっており、極上のフィーリングとまではいかないものの、多くのAFレンズで感じるスカスカとした安っぽさとは無縁の操作感で、確実なピント合わせができる。

 描写はクリアで抜けがよいうえにコントラストも高く、絞り開放からシャープに描き出してくれる。広角レンズといえば、絞り込んだパンフォーカス的な使い方が一般的と思われるが、あえて開放に近い値で撮影したいと思わせる描写だ。また、逆光でのコントラスト低下が起こりにくいので、積極的に半逆光などの条件で撮影を楽しめる。

 35mmという画角は、昔のコンパクトカメラのような画角で個性を出しにくいともいわれるが、何気ない日常のスナップにとびきりの描写で応えてくれる高品位レンズだ。

暗い水族館の中での撮影。演色性が極端に低いブルーの光線の中での撮影だが、まつげのシャープさや瞳の透明感の再現がとてもリアル。広角レンズながら、背景のボケや自然に柔らかくなっていく髪の毛の質感表現が美しい(EOS-1D X使用、ISO1600、1/80秒、F2.2、RAWファイルをAdobe Lightroom 6.1にてストレート現像 モデル:堀川礼華)
[画像のクリックで拡大表示]