カメラのアラが目立つほどの圧倒的な描写性能を誇る極上の中望遠レンズ

1

コシナ

Carl Zeiss Otus 1.4/85

実売価格:46万円

対応マウント:キヤノンEFマウント、ニコンFマウント

 実売価格が46万円という超ド級の中望遠レンズ。製品写真を見るだけでも大きなレンズであることが分かるが、付属の金属フードを取り付けると流線型の滑らかなカーブを持ったシルエットに目を奪われる。今までのメカメカしいレンズとは違った有機的なデザインは、新時代のレンズであることを強く意識させる。

 このレンズの特徴は流麗なデザインだけではない。キヤノンやニコンのフルサイズ一眼レフ用の設計でありながら、AF(オートフォーカス)の機構が省略されており、MF(マニュアルフォーカス)のピント合わせしかできない設計なのだ。これまでのMF専用レンズは、グリースの粘性を利用したトルク感のあるピントリングの操作感を持つものが多かったが、本製品は驚くほどにピントリングが軽い。だが、この軽さも節度のない軽さではなく、スムーズな回転フィーリングには惚れ惚れするほどだ。

 画質は、絞り開放から驚くほどの解像感を見せ、発色もリッチで暗い部分の階調再現が見事だと感じた。特に驚いたのは、ピントが合った部分の輪郭に現れる色収差、具体的には緑や紫の色の縁取りがほとんど見られないことだ。色収差は、標準から中望遠クラスの単焦点レンズでは避けることが難しいと考えられていただけに、光学設計の仕上がりは目を見張るものがある。

 これほどの描写性能を持つレンズだけに、一眼レフというカメラの機構そのものに不満を感じてしまうのが悩ましい。筆者は、キヤノンの「EOS-1D X」と「EOS 5D Mark III」で撮影を試みたが、F1.4の開放の撮影では、ファインダー見てピントが合っていたのに、実際の仕上がりではピントが外れてしまっていることが多かった。これは、ミラーやフォーカシングスクリーン、プリズムなどの取り付け精度の微妙な差が作画にはっきりと現れてしまったからだ。試したカメラは、いずれも微妙にずれていることが分かったので、厳密な撮影はライブビューを利用するようになった。

 このように、使いこなしにはかなりの技量を必要とするレンズだが、極上の描写が期待できる1本なのは間違いない。

絞り開放でもシャープさは抜群で、ラマの毛並みの細かさや柔らかさがストレートに伝わってくる描写だ。深みのある発色に加え、半逆光状態でも色やコントラストの低下をまったく感じさせず、独特の立体感が表現できる(EOS-1D X使用、ISO100、1/640秒、F1.4、RAWファイルをAdobe Lightroom 6.1にてストレート現像 写真提供:伊藤公一)
[画像のクリックで拡大表示]