女性たちにはおなじみのボタニカル・ブーム(ボタニカル=植物、関連記事)。当初注目を集めた観葉植物だけでは飽き足らなくなった女性たちを中心に、水草(関連記事)、エアプランツ(関連記事)、多肉植物(関連記事)など、ブームは広がりを見せている。

 その1つ、“苔”は数年前から安定した人気があるが、新たな動きも出てきた。

苔ガールステイに苔婚活!? 広がる苔人気

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルでは「苔ガールステイ」プランを実施(写真提供:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば苔好きの女性をターゲットにした旅館の宿泊プランだ。東日本大震災後、十和田・奥入瀬エリアでは、新たな観光資源として苔に着目し、地元のネイチャーガイドたちが集まり「モス(苔)プロジェクト」を推進している。「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(青森県十和田市)では2013年から夏の3カ月間限定で、女性限定の滞在プラン「苔ガールステイ」を提供していたが、2015年からは通年になった。利用しているのは30代から40代の女性が中心で、ひとり旅の利用者も多いという。

 また苔好き男女をターゲットにした婚活イベントも登場している。和歌山県田辺市を中心に活動している「恋ゼミプロジェクト実行委員会」は2015年2月末、いっしょに苔玉(植物の根を用土で包んで球状にし、表面に苔を貼ったもの)を作る婚活イベントを開催。参加者の中から2組のカップルが誕生したそうだ。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルの「苔ガールステイ」プランでは、苔をイメージした料理を揃えたディナーや、苔色のカクテルを提供(写真提供:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]
苔玉作りや、ネイチャーガイドとともに渓流で苔を観察する散歩も「苔ガールステイ」で体験できる(写真提供:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]
奥入瀬渓流は蘚苔学会より「日本の貴重なコケの森」に選定されている。「奥入瀬渓流は八甲田山の噴火や十和田湖の決壊で、かつては岩しか存在しなかった深い谷だが、そこに苔が生まれ、大地を受け止めるゆりかごとなった。その美しいストーリーを体感できる滞在を提供したい」(星野リゾート)(写真提供:星野リゾート)
[画像のクリックで拡大表示]