第3の意匠となるダイハツ「コペン セロ」
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイハツ工業は2015年6月18日、軽オープンスポーツカー「コペン」の3つ目のデザイン「COPEN CERO(コペン セロ)」を発売した。価格はCVTモデルが185万2200円とMTモデルが187万3800円。

 現行型コペンは2014年にフルモデルチェンジ。2014年6月19日にシリーズ第1弾「コペン ローブ」を、同11月に第2弾「コペン エクスプレイ」を発売した。この11カ月の累計販売台数は合計で約1万台を達成しているという。なお、コペン セロの登場でシリーズ全体の価格帯は179万8200~201万9600円となった。

 月間販売目標台数はシリーズ合計で800台で、ダイハツ工業によると、現在の販売比率は、コペン ローブの7割に対して、コペン エクスプレイが3割。今後は、ローブが4割、エクスプレイが2割、セロが4割と予想している。

「コペン セロ」「コペン ローブ」「コペン エクスプレイ」(画像提供:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]
第3のモデルの展開についてプレゼンテーションを行う、ダイハツ工業 上田亨技術本部長
[画像のクリックで拡大表示]
「コペン ローブ」と「コペン エクスプレイ」の2タイプで、すでに累計1万台以上を販売
[画像のクリックで拡大表示]