Gmail並みのインパクトを持つ魅力的な無料サービスだ

 Googleフォトを利用するうえで注意したいのが、スマホやタブレットでの利用だ。Wi-Fiのない環境で利用すると大量のパケット通信が発生する可能性があり、月々の通信容量を圧迫して“パケ死”につながる可能性があるからだ。心配な人は、「設定」→「Googleフォト」で「モバイルデータ通信」のスイッチをオフにしておこう(iOSデバイスの場合)。

モバイル通信が可能なスマホやタブレットを利用している人は、あらかじめモバイル通信を利用しないよう設定しておくのがお薦めだ
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド上への保存ということで、家族や友人が写った写真を意図せず不特定多数の人に参照されてしまったり、自慢の写真を勝手に使われるのではないか…という不安を持つ人も少なくないだろう。だが、アップロードした写真はGoogleの画像検索が及ばない領域に保存されるため、生成した共有用のリンクをしっかり管理していれば意図せぬ情報漏洩や無断使用はないだろう。今後、Gmailのように内容に関連した広告が表示される可能性はありそうだ。

 Googleフォトは「アップロード枚数が無制限」「1600万画素相当の高画質で保存」「クラウドなのに軽快な動作」「強力な検索機能」が特徴で、それらが「すべて無料」で利用できるのがポイントだ。内容だけでなく、使い勝手のよさも考慮されており、継続して使いたくなる内容に仕上げられている。インターネット上のサービスだけに、機能や使い勝手が今後どんどん磨かれていくことも期待できる。いまや多くの人が日常的に利用するようになったGmail並みの実用性やインパクトを持つ無料サービスといえ、すでに別のクラウドストレージを利用している人も試してみる価値はある。

(文/磯 修=日経トレンディネット)