YouTubeやメモリーカードの写真も見られる

 dTVターミナルは、OSとしてAndroidを使っている。そのためdTVの視聴に加えてYouTube視聴向けアプリなどを備えている。ホーム画面のアプリ一覧には、YouTube視聴用の「お手軽プレイヤー(For YouTube)」のほかに「Miracast(ディスプレイ無線伝送)」「マイメディア」の3つが登録されている。

 面白いのがマイメディアだ。dTVターミナルはmicroSDカードスロットとUSB端子を備えており、マイメディアを使うとmicroSDカードやUSBメモリーに保存された写真や音楽、動画などを再生できる。どうやらネットワークメディアプレーヤーとしても機能するようで、ネットワーク上のPCなどを認識して保存してあった音楽の再生ができた。dTVターミナルは、dTV視聴用の“専用”端末のイメージが強かったので、この機能は遊び甲斐がありそうだ。

マイメディアを使うと、スマホのメモリーカードを取り付けて撮影した写真をスライドショーで見たり、音楽や動画を再生したりできる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、前述した通りリモコンのHDMIボタンを押すと、HDMI入力に接続した別の機器の映像をスルーして表示できる。これも実際にレコーダーやPCなどを取り付けて試してみたが、ちゃんと機能して問題なく利用できた。HDMI入力の少ないテレビを使っている人には便利だろう。

 残念なのは現時点ではGoogle Playには対応しておらず、自分でアプリの追加などができないこと。そのため基本的にdTV視聴専用機と考えたほうがいいだろう。YouTubeの視聴機能やマイメディアは、なかなか面白いが操作性や機能をもう少しブラッシュアップして使いやすくしてほしいところだ。今後アプリが追加されるなどしてdTVの視聴以外の利用方法がもっと広がれば、かなり面白い機器になりそうだ。

(文/湯浅英夫)