オールインワンパッケージでHDMI入力端子を備える

 dTVターミナルは、コンパクトな手のひらサイズの端末で、テレビのHDMI端子に取り付けて利用する。dTVの映像は、無線LANあるいは有線LANを経由してネットから取得、HDMI端子を介してテレビに映し出す。

 dTVターミナルのような、いわゆるセットトップボックスとしてはアップルの「Apple TV」やGoogleの「Nexus Player」が先行しているが、dTVターミナルはそれらに比べて価格が安い。HDMIケーブルが付属し、買い足す必要のないオールインワンパッケージになっている点もうれしいところだ。また、忘れてはいけないのはHDMI入力端子が付いていること。これは“パススルー”の端子になっているので、すでにテレビのHDMI端子が埋まっている場合でも問題なくdTVターミナルを追加できる。

 見逃しがちだが、本体にはUSB端子とmicroSDカードスロットを備えている。詳しくは後述するが、USBメモリーやmicroSDカードに保存されている動画、音楽、写真の再生・表示ができる。

コンパクトな箱型のdTVターミナル
[画像のクリックで拡大表示]
リモコン、HDMIケーブル、ACアダプターと電源ケーブルが付属する。クイックスタートガイドが付属するが、内容が細かく不慣れな人には難しそうだ
[画像のクリックで拡大表示]
リモコンは、基本操作のほか、電源オン・オフやボリューム操作もできる。赤外線リモコンなので本体との間に障害物があると応答しづらくなる
[画像のクリックで拡大表示]
背面にはHDMI出力、HDMI入力、有線LANポート、光デジタル音声出力がある。HDMI入力に接続した別の機器の映像をテレビに表示できる
[画像のクリックで拡大表示]
側面にはUSB端子とmicroSDカードスロットがあり、取り付けたUSBメモリーやメモリーカードに保存された写真や動画、音楽などを視聴できる。スマホで撮影した写真をテレビで見るのに利用できる
[画像のクリックで拡大表示]