安く買えるBluetoothスピーカーで高音質のものはどれか。AV評論家の折原一也氏が1万円未満の売れ筋スピーカーを聴き比べて、音楽ジャンルに合うおすすめ製品を選んだ。


[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンや携帯音楽プレイヤーと連携して音楽を鳴らす「Bluetoothスピーカー」。売れ筋は1万~2万円で音質も重視した大型モデルだが、より手軽な1万円未満のモデルを狙っている人も多いだろう。

 1万円未満の価格帯にあるBluetoothスピーカーは、本体が小さいコンパクトモデルが多い。本格的なオーディオより、スマートフォンの音楽をより大音量でクリアに鳴らしたい、動画やスマホゲームの迫力と臨場感アップを狙うという用途なら、まずは手の出しやすいこうした価格帯から始めるのが賢い選択だ。

 1万円以下で購入できるコンパクトモデルの現在のトレンドは、オリジナル機能を持った製品が急増していること。コンパクトで設置しやすさを追求していたり、本体の形状をひと工夫して屋外で使いやすくしたり、防水設計にして水回りでも使える実用性を重視したりと、各製品ともBluetoothスピーカーの利用シーンを拡大する提案を行っている。

 今回は、ビックカメラ有楽町店のオーディオコーナー担当の奥山翔太氏から推薦していただいたコンパクトモデルの人気2モデルに加えて、編集部でセレクトした新機種や売れ筋モデル3機種を加えた全5モデルを用意して比較・試聴を実施。音質レビューでは、アニソンからロック、クラシックに至るまで8つの音楽ジャンルの曲を総当たりしてチェックを行い、5つ星で比較評価した。最後に、総合評価とベストバイ製品をお知らせする。

ビックカメラ有楽町店のbluetoothスピーカー売り場
[画像のクリックで拡大表示]
オーディオコーナー担当の奥山翔太氏
[画像のクリックで拡大表示]