高音質、かつ価格も高いことで注目を集めた、約13万円のソニーの最新ポータブル音楽プレーヤー「ウォークマン NW-ZX2」。売れ行きは上々のようだが、その長所と欠点は何か。実際に購入したユーザーの評価・口コミを基に解説する。

ハイレゾ対応ウォークマンの最上位モデル「NW-ZX2」。究極の音質を追求するために、さまざまな技術が詰め込まれている
[画像のクリックで拡大表示]

 CD以上の高音質が楽しめる「ハイレゾ」の注目度が昨年から飛躍的に高まったおかげで、最近ではハイレゾ対応のポータブル音楽プレーヤーの種類がかなり増えてきた。そのラインアップは、価格が2万円を切るエントリーモデルから20万円以上の超高額製品までさまざま。また、スマートフォンにもハイレゾ対応の機種が出始めており、ユーザーがハイレゾを聴くための環境はさらに広がりつつある。

 このような現状にあって、ハイレゾ業界をけん引するソニーが満を持して今年の2月14日に発売した最上位モデルが「NW-ZX2」。2013年12月に発売したハイエンドモデル「NW-ZX1」の後継機にあたり、さらなる高音質を追求するための技術が随所に盛り込まれたこだわりの逸品だ。今年1月にアメリカで開催されたCESで初めて発表された際にも大きな注目を集めた。

 しかしこのNW-ZX2、CESで注目を集めた理由は「高音質へのこだわり」だけでなく、その「価格」もひとつの要因だった。発売当時に7万円を超えた前モデルNW-ZX1でさえ「高過ぎる」といわれたが、NW-ZX2はそれを大きく上回る、税込みで約13万円。「一体、誰が買うのか?」という意見もささやかれるほどだった。

 しかし、実際に発売されると評価も売れ行きも上々。価格.comの注目度やランキングなどを見ても常に高い順位を保っている。高額商品でありながら、ユーザーに支持される理由はどこにあるのだろうか。価格.comやTwitterなどに掲載されている購入者の口コミをまとめつつ、NW-ZX2の魅力と不満点を探っていこう。