アップルのデザイン部門を率いる上級副社長にして、スティーブ・ジョブズの片腕としてiPhone、iPad、そして新製品のApple Watchを生み出してきたのが、天才デザイナーのジョナサン・アイブ氏だ。ジョナサン・アイブは、アップルの新製品の動画にもたびたび登場し、自らアップルと自身のデザイン哲学を語ってきた。

 その様子は、日本では何度も広島弁で吹き替えられている。たとえば、「iPhone 5はわしらがこしらえたiPhoneの中でいっちゃん薄うて、いっちゃん軽いiPhoneじゃ」といった具合だ。日本のアップルファンの間では、ジョナサン・アイブといえば広島弁というイメージが定着しているほどである。

 そのジョナサン・アイブのデザイン哲学を描いたのが、日経BP社が発売する書籍『ジョナサン・アイブ』だ。4月1日のエイプリルフールを記念して、この書籍の公式広島弁ビデオが登場した。もちろん、広島弁である。ぜひ、ご覧あれ。

(注)なお、このビデオはアップル社のジョナサン・アイブ氏の公認は受けていない。