横浜市の日産本社から県内の横須賀市にある開発センターまで自動運転に成功

 しかし、機械をそこまで信頼していいのだろうか。

 自動車の運転に求められる認知、判断、操作という動作は、最先端の機械なら人の100倍の性能を発揮するまで進化しているというが、ただ運転にはそれらを総合的に使いこなす能力が求められる。その点では人間の方にアドバンテージがあるのは確かだ。ただ現段階でも、比較的単純なシチュエーションであれば、機械の持つ能力が最大限に発揮されるので、操作のサポートを受けたり、操作そのものをクルマが代行したほうが安全というレベルには達しているという。

 実際、日産では高性能なセンサーとコンピューターを搭載した「リーフ」の実験車両を用いて実験を始めており、神奈川県横浜市の日産本社から県内の横須賀市にある開発センターまで、一般道と首都高速を利用した自動運転に成功している。出発地と到着地が定まっていて、道路が順調に流れている状況ならば、問題なく走行できるレベルにあるのだ。現在は神奈川県およびさがみ縦貫道路を用いた高速道路での実証実験まで進んでいるという。

 また公道での自動運転は、有人走行が基本ながら、駐車場では無人走行による自動駐車の実験も行っている。これが実用化すると目的地施設のエントランスで降車し、クルマは自分で駐車場へ向かい、駐車。さらに帰宅や移動時などに再びエントランスまでクルマを呼び出すということも可能になるだろう。

当日は自動運転実現につながる技術などを市販車に投入した“ワクテク(ワクワクするテクノロジー)搭載車”に試乗。「エクストレイル」ではステアリング操作をクルマに委ねることができる駐車支援システム「インテリジェントパーキングアシスト」などを体験できた
[画像のクリックで拡大表示]
「エクストレイル」試乗時に体験した「スマートルームミラー」。ONの状態では、後方視界をさえぎる荷物や乗員がいてもクリアな後方視界を提供してくれるアイテムだ
[画像のクリックで拡大表示]
「エクストレイル」の「スマートルームミラー」はOFFのときは通常のミラーと全く変わらない。ONのときと比べ視野が狭くなる
[画像のクリックで拡大表示]
「スマートルームミラー」の仕組み。カメラで撮影した後方の映像をよりワイドでクリアにしながら、違和感がないようにルームミラーに映し出す
[画像のクリックで拡大表示]
スマートルームミラーは、「エクストレイル」や「エルグランド」にもディーラーオプションとして用意されている。評判を見て対応車種を増やしていきたいという
[画像のクリックで拡大表示]
夜間の「スマートルームミラー」ON時の状態。夜間でも後方の視界がクリア
[画像のクリックで拡大表示]
夜間の「スマートルームミラー」OFF時。ONとの差は一目瞭然だ
[画像のクリックで拡大表示]