最近話題の、スマホの利用料金を大幅に下げられる「格安スマホ」とは何かを、基本的なところから詳しく説明します。

 

まずは「格安SIM」のおさらいから……

 格安スマホについて説明する前に、まずは「格安SIM」について解説していこう。

 格安SIMとは、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアとは異なる「MVNO(仮想移動体通信事業者)」(代表的なのはIIJ、日本通信、NTTコミュニケーションズ、フュージョン・コミュニケーションズなど)各社が、ドコモ、KDDI(au)などのキャリアからネットワークを借り受け、提供しているSIMカードのこと。このSIMカードを携帯電話やスマートフォンにセットすることで、キャリアが販売しているスマートフォン同様に、携帯電話網を使った通信が可能となる。

 格安SIM市場には、多くのMVNOが参入しており、提供されているプランも豊富だ。キャリア同様に、毎月使える高速データ通信容量が決められているプランのほか、使い放題プラン、500円以下から利用できるプラン、日次で容量がリセットされるプランといったユニークなプランも多い。豊富なプランのおかげで、ユーザーの使い方に合わせた最適な料金プランを見つけやすい、というメリットがある。

「格安スマホ」とは、この格安SIMとスマートフォンを組み合わせたものだ。MVNOが「格安スマホ」として、格安SIMと端末をセット販売しているケースもあるが、ユーザー自身で端末を用意するケースも少なくない。

1000円以下で利用できる格安SIMも多い
[画像のクリックで拡大表示]

 また大手キャリアの場合、いわゆる「2年縛り」によりキャリアを乗り換えるのが難しいが、格安SIMではこのような縛りが緩い。そのため、ユーザーはその時々で最もメリットの高いプランに乗り換えるのも容易。携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)に対応している格安SIMもあるので、電話番号は変えずにMVNOへ移るユーザーも増えている。