D型で吸引口を前面にしたほうが効率的ではないのか?

──D型シェイプで前面に吸引口を配置する「Botvacシリーズ」(ネイト ロボティクス)の発表会では、ルンバのように吸引口が中央部にあると、吸引口が狭くなって効率的に掃除できないという指摘がありました。これについてはいかがでしょうか。

「ルンバ880」の下部。吸引口が左右の車輪の間に配置されている
[画像のクリックで拡大表示]
ネイト ロボティクス「Botvacシリーズ」の下部。吸引口を前面に配置したことで、横幅いっぱいに吸引口を広げることができた。ただし、ルンバシリーズと同様にサイドブラシを搭載している
[画像のクリックで拡大表示]
「ダイソン 360 Eye」の下部。こちらは車輪(無限軌道)の後部に吸引口を配置することで、横幅いっぱいに広げている。これによってサイドブラシが不要になったというのがダイソンの主張だ
[画像のクリックで拡大表示]

池田氏: 吸引口の配置というのは、実は清掃性能にとってすごく大きな意味があります。ブラシや吸引口を前に配置すると、うまく前方に重量がかからなくなります。ビークルとしてはもちろんターゲットのところまで動いていけますが、実際にじゅうたんの上を走ってゴミを取れるかというと、バランスに欠けるのではないかと考えています。

 その点、ルンバは車輪の間にブラシとバッテリーがあり、中央部に重みがかかるような重量バランスになっています。

 また、吸引口が前方に付いているD型は壁までぶつかって回る際に回りにくいので、円形の方が家の中を掃除する上では理にかなっていると思います。

 ネイト ロボティクスさんの場合は最初からD型を採用しているので、あのスタイルで試行錯誤しながらベストプラクティスを追求されるのでしょう。とても興味深いと思います。

「AeroForceエクストラクター」のユーザーの反応は?

──最新のルンバ800シリーズの大きな特徴として、従来は吸引口に搭載していたブラシがゴム状の「AeroForceエクストラクター」に変わりました。これについてユーザーの反応はいかがですか?

最新のルンバ800シリーズに採用した「AeroForceエクストラクター」。従来のブラシと違い、シリコンゴムのような柔らかな素材を採用している
[画像のクリックで拡大表示]

池田氏: ブラシじゃなくなったので、じゅうたんのゴミを取れるのかというネガティブな意見もあるのではないかと考えていましたが、毛ブラシが付いていないことによるお客様のクレームはほとんどありません。

 AeroForceエクストラクターにトレッド・パターン(凸凹のパターン)を付けたことで、中央部にゴミがかき集まってきます。そのため吸引ノズルの中央部に集中させることができ、吸引力を上げることができました。

 実際にじゅうたんのゴミを吸い取るメカニズムとしてはブラシよりもこちらのほうがいいので、思ったよりも良いフィードバックを多くいただいています。

 お客様が満足する結果を導くために一番良いテクノロジーの組み合わせは、今のルンバが採用しているものだろうと我々は考えています。

 10年以上前に、それまで全くなかったロボット掃除機という市場を立ち上げたアイロボットのルンバシリーズ。数年前から家電メーカー各社が参入し、「打倒ルンバ」を目標に開発を進めているが、未だに圧倒的なシェアを誇っている状況だ。今年は英ダイソンがいよいよロボット掃除機を市場投入し、シャープや東芝に加えてパナソニックも参入するというので、さらに市場が活性化しそうだ。

 発表会や今回のインタビューなどで各社の説明を聞くと、それぞれが採用した技術に意味があることが分かった。それらの違いは、セールス・オンデマンドの池田氏、曽根氏が語ったように、「部屋の床をきれいにする」という最終的な目標に対するアプローチの違いに過ぎない。もちろん、実際に使ってみた場合の挙動や清掃性能は、ユーザーの家の間取りや家具の配置などで大きく異なってくる可能性はある。しかし今回、各社が打倒を目指している王者・ルンバの機能や特徴には意味や価値があることが分かった。機種を選ぶうえでの参考にしていただけると幸いだ。

 次回はルンバシリーズを開発したアイロボットのコリン・アングルCEOに対するインタビューを通じ、今回とはまた違う視点からロボット掃除機に対する疑問が解消していきたい。

(文・写真/安蔵 靖志=IT・家電ジャーナリスト)