【吉村カメラマン:第3位】ソニー「α7 II」

 言わずと知れた、35mm判フルサイズのミラーレスモデル。2013年に同様の外観で登場した「α7」「α7R」「α7S」をフルモデルチェンジし、2世代目にあたる製品だ。

 製品としての進化は、スペック的にはボディー内5軸手ぶれ補正機構の搭載だろう。ソニーは、ミノルタの系統を受け継いだ一眼レフのAマウント機ではボディー内手ぶれ補正を、ミラーレスのEマウント機ではレンズ内手ぶれ補正を展開していたが、ついにこのモデルでEマウントでもボディー内手ぶれ補正を搭載したのだ。

Eマウントで初めてボディー内手ぶれ補正機構を搭載し、本体デザインも一新したソニーの「α7 II」。ボディー単体モデルの実勢価格は19万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、従来のα7/7R/7Sでも定評のある、オールドレンズを使うときのベースとするカメラとしても好適だ。5軸すべての補正をするためには距離情報も必要であるため、オールドレンズをアダプター経由で使った場合には補正効果を存分に引き出せない可能性が高いが、それでも利用価値ははるかに高まったと考えられる。

 個人的にうれしいなと思ったのは、カメラとしての基本を外さないように全体の造りがグレードアップしたこと。従来機のα7はソニー気質からか、とにかく小さくするためにレンズのマウント強度に不安を感じたり、シャッターボタンの位置に違和感を覚えたりすることがままあった。ところが、α7 IIはサイズが若干大きくなったものの、握ると自然に人差し指が届く位置にシャッターボタンが配置された。マウントの爪部分も樹脂から金属に変え、がっちりした印象になった。

 ただ、気をつけたいのは「フルサイズ」というジャンルに何を求めるかという価値観だ。とにかく高解像度、隅々までPCの等倍表示で見てのシャープさ…、といった価値を求める人に諸手を挙げてお薦めしたいモデルではない。センサーサイズの大きさからくる同じ画角でのボケによる雰囲気や、高感度を戸惑いなく使い切り取る空気感。スマホの画面で見てもわかる雰囲気を楽しむために、できるだけ小さなフルサイズ機を使いたいという人にお薦めしたい機種だ。

木漏れ日に照らし出された一枚の葉。ふっと浮き上がるような描写と、暗部のトーンの豊かさが魅力(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA使用、ISO100、1/250秒、F4)
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク