【吉村カメラマン:第1位】富士フイルム「FUJIFILM X-T1」

 レンジファインダー風の外観、いわゆるライカスタイルのレンズ一体型コンパクトデジタルカメラとして2011年に「FinePix X100」がデビュー。翌年、ミラーレスのレンズ交換モデルとして「FUJIFILM X-Pro1」が出てからもずっとライカスタイルを踏襲してきたこのシリーズ初の一眼レフスタイルが「FUJIFILM X-T1」だ。

Xシリーズで初めて一眼レフ的なデザインを採用した「FUJIFILM X-T1」。ボディー単体モデルの実勢価格は12万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでのXシリーズは、画質は高レベルであったが、あくまでもゆっくりのんびり撮るカメラという印象で動作が少々緩慢であった。また、もともとライカスタイルのレンジファインダー機は望遠レンズでの光学ファインダーが物理的に難しかったということの延長からか、標準から広角に適したカメラという印象だった。

 それがX-T1では、ビューファインダーをレンズの装着軸の真上に配置したスタイルになり、望遠レンズでも視線の延長のように画角を決めやすく、長時間の撮影でも疲れにくくなった。また、UHS-II規格の高速SDメモリーカードに対応したことも手伝い、書き込みスピードも速いので次々とシャッターが切れ、ミラーレス機の中でも一眼レフの撮影感覚により近くなった。

 カメラとして、一眼レフを置き換える存在に近づきつつあると感じたX-T1だが、何よりも使ってありがたいと感じるのはその画質だ。一見してシャープだが、あくまでも繊細に細部を描き、全体がくっきりと見える印象。特定周波数だけを強めた処理のように立体感が失われる印象はなく、とても自然。また、発色がとてもクリアで抜けがいいのも魅力。人物撮りの多い自分としては、白トビに至るまでのハイライト部分の階調再現の豊かさで露出をオーバー目に与えても肌の描写が破綻しないところが気に入っている。芝生など、似た色が連続するディテールの再現は少し解像感が落ちる印象があるが、プリントではあまり目立たない。

 この高画質だが、乱暴に言ってしまえばX-Pro1の登場時から大きな進化はなく、どのモデルでも同じ感覚で撮影して仕上がった写真は見分けがつかないほどだ。

 そしてXシリーズで特筆したいポイントは、どのレンズも高画質であること。ユーザーは好きな画角と明るさで欲しいレンズを購入すれば、期待を裏切らないクオリティが得られる。このシリーズにフルサイズを待ち望む声もあるが、きっと富士フイルム社内の画質基準はかなり厳しく、どんな画角でも一定以上の画質と現実的なサイズと価格を実現するためにAPS-Cを展開しているのだろうと感じる。

 クラシックなライカスタイルからクラシックな一眼スタイルへとバリエーションを増やしてきたXシリーズ。電子ダイヤルでの利便性を高めた現代的なスタイルのカメラの登場もないかと楽しみにしている。

ショーウィンドウ越しのディスプレイを撮影。羽毛の密集した部分の柔らかさ、ガラスに映った景色のクリアな描写が魅力(FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS使用、ISO200、1/125秒、F4)
[画像のクリックで拡大表示]