【鹿野カメラマン:第3位】富士フイルム「FUJIFILM X30」

 今年は、高級コンデジが一気に花開いた年でもあった。その中から僕が買ったのはX30。ちょっとした外出のお供や、出張の空き時間に何か1台だけ持って散策したいときに重宝している。

従来の光学ファインダーから電子ビューファインダーに一新した富士フイルムの「FUJIFILM X30」。実勢価格は5万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 僕がX30を選んだ最大の決め手は、コンデジとしては今どき珍しい手動ズーム。どんなにレスポンスのいい電動ズームでも、微調整をしたいときやはなっから望遠で撮りたいときは、やはりストレスを感じてしまう。しかも、X30のズームリングは電源スイッチも兼ねているので、電源オフの状態からワンアクションで撮影OKな状態まで進める。

 センサーは2/3型の1200万画素とやや地味だが、ローパスレスのおかげで画素数以上の解像感がある。何よりも“のっぺりべったり”な廉価版コンデジとは明らかに格の違う、深みのある写真が撮れるのがいい。というわけで、最近は仕事のサブカメラとして、ちょっとしたカットの撮影に使うことも多い。被写界深度の深さや最短で1cmまで寄れるマクロ機能など、一眼レフにはないメリットもある。

 そしてもうひとつの魅力が、このX30から採用されたフィルムシミュレーションの「クラシッククローム」。エフェクトではなく、あくまで仕上がり設定という位置づけで、違和感なく常用できる。僕も仕事で使うとき以外はほぼクラシッククロームに設定している。渋くてコクのある発色とシャドーの締まったトーンは、散歩や旅先でのスナップに合う。

 小さなボディーにあれこれ操作系を詰め込んだせいか、コントロールリングがズームリングと一緒に回りやすいとか、露出補正をすると指先で録画ボタンを押してしまうといった不満はある。ステレオマイクがもっと目立たない位置にあったら、さらに売れ行きも伸びただろう。しかし、フジはカメラに何が必要かが本当によく分かっていると思う。X30も小さなボディー、直感的な操作、上質な仕上がりという3つの要素がうまく融合されている。

こんな渋い場面こそX30の真価が発揮される。フィルムシミュレーションはもちろん「クラシッククローム」だ(ISO100、1/70秒、F2)
[画像のクリックで拡大表示]