近年、企業のマーケティング活動においては特に、その企業“ならでは”の魅力やその商品“らしさ”など、顧客に選ばれる強いブランド力が求められている。実は大学も今、同じ力が問われている。ブランド力の高い大学はどこか。また、その大学ならではの強烈な魅力を打ち出している大学はどこか。

 今年で8回目を迎える「大学ブランド・イメージ調査2014-2015」では、全国の455大学を9地域に分け、各大学の認知やイメージなどを尋ねた。ここでは、各地域に住むビジネスパーソンからの回答結果を紹介しよう。

大学ブランドスコア(総合力)の第1位は?

 まず今回の調査の結果、各地域の「大学ブランドスコア」(大学イメージを測る49の項目を束ねた総合力を示す指数)第1位は、以下の大学になった。

[北海道] 北海道大学
[東北] 東北大学
[北関東] 筑波大学
[甲信越] 信州大学
[首都圏] 慶應義塾大学
[北陸・東海] 名古屋大学
[近畿] 京都大学
[中国・四国] 広島大学
[九州・沖縄・山口] 九州大学

 9地域の中で唯一前回から首位が交代した首都圏では、前回第3位の慶應義塾大学が第1位になった。慶應義塾大学は2009年以来5年ぶりの首位。前回第1位の東京大学は第2位に順位を落とした。

 各地域の上位ランキングは以下の通りである。