iPadやiPad miniと「合体型キーボード」を組み合わせて長文を書いたり、FTPサーバーに接続してデータをやりとりしたり、Zipファイルを圧縮・伸張したりと、いわばパソコンと同じスタイルで使う方法を解説する。うまくすると、出張先に重いパソコンを持っていかずに済むかもしれない!

[画像のクリックで拡大表示]

BluetoothキーボードはiPadをパソコン風に使うための必須アイテム

 出先で、パソコンを持ってくればよかったと感じるのは、長い文章を入力しなければならないときではないだろうか? ちょっとしたメールへの返信やWebページから必要事項を入力して送信するぐらいなら、iPadだけでも十分。むしろその程度ならiPhoneでも用は済む。

 iPadの新たな可能性を引き出すアイテムは、長文を楽に入力できるBluetoothキーボードだ。Bluetoothキーボードは標準的な規格に則って作られている製品なので、文字入力の効率化だけ考えると、どんなタイプのBluetoothキーボードでもよい。普段使っているパソコンでBluetoothキーボードを使っているなら、極端な話、そのキーボードをiPadと一緒に持ち歩いてもよい。使い慣れたキーボードで文字入力できるメリットがある。

 BluetoothキーボードをiPadに接続すると、文字入力が必要が場面で表示されるオンスクリーンキーボードが、一切表示されなくなる。これによって画面全体を使って文章を見渡せる。コピー&ペーストやカーソルキーを使った範囲選択などもキーボードでできるようになり、文章の入力や編集の効率が段違いに上がる。

 一般的なBluetoothキーボードをiPad用に利用した場合にありがちなのは、キートップに書かれている文字と、そのキーをタイプしたときに入力される文字が異なる場合があるという現象だ。これはキーボードの配列の問題だ。

 日本で多く使われているパソコン用のキーボードは、正式には「日本語106キーボード」、通称「JISキーボード」と呼ばれるキー配列になっている(以下、「JISキーボード」と表記)。これに対して、iPadのキーボードは「USキーボード」と呼ばれ、「101キーボード」をベースにした配列になっている。

 例えば、数字の「shift」+「2」で“@”が入力されたり、「:(コロン)」や「;(セミコロン)」の位置などが微妙に違う。「return」キーの形も違うので、JISキーボードに慣れているユーザーには、かなり違和感があるかもしれない。

iPadのオンスクリーンキーボードは、極端な場合、画面の半分を覆ってしまう。Bluetoothキーボードを接続すると、オンスクリーンキーボードが一切表示されず、画面全体を使って文章を見られるようになるため、文章の入力や編集が快適に行えるようになる
[画像のクリックで拡大表示]
iPadの英字キーボードは、いわゆる「USキーボード」。写真は、参考のためのMac用のUSキーボードとWindows用のJISキーボード。赤で囲んだ部分を見ただけでもかなり違う
[画像のクリックで拡大表示]