手ぶらでiPhoneを操作して、「Apple Watch」の体験を先取り

 iPhone、iPadには、普通の話し言葉で利用できるな音声アシスタント「Siri」が搭載されているが、BluetoothイヤホンからもSiriを呼び出して利用できる。

 実際にはバッグやポケットの中に入れた端末でSiriが動作しているわけだが、うまく使うとBluetoothイヤホンが、端末を直接操作することなく音声だけで利用できる「なんちゃって」ウエアラブルデバイスになるのが面白い。

 例えば、音楽を聴いているときに、Siriを呼び出して「この曲の名前は?」と聞くと、アーティスト名と曲名を教えてくれる。「◯◯にメッセージして」と話しかけると、「◯◯さんに、どんなメッセージを送りますか?」と尋ねてくるので、メッセージの内容を伝えると送信できる。これだけでウエアラブルな感じだ。

 ちなみにSiriを使うと、メッセージの送信は画面操作なしで行えるのだが、メールについてはiPhoneのロックを解除しなければならない。またiOSデバイスの設定で、いつでもBluetoothイヤホンからSiriを呼び出せるように、ロック中でもSiriにアクセスできるようにしておくとよい。

 BluetoothイヤホンでSiriを呼び出すには、コントローラー部の対応するボタンを押す(または長押し)という操作になっていることが多い。ただし現行の機種でも、Siriの呼び出しに対応していない製品もある。この機能を使いたい場合は、購入前に確認しておこう。基本的には、製品のカタログやメーカーのWebサイトに対応状況が記されている。

 他にもいくつか、Siriを使って音声だけでiPhone、iPadを使える例を紹介しておこう。「メモをして」と指示すると「わかりました、メモを取ります。内容を教えてください」と返事があるので、メモしたい内容を話す。これで「メモ」アプリに文章が入力できる。

 また「◯月◯日の予定は?」と尋ねて予定があるなら「◯時に予定があります。詳細を読み上げますか?」と返事がある。「はい」と答えると予定の名称を教えてくれる。これも端末にまったく触る必要がない。

 音声だけでSiriにどこまで自分のしたいことを指示できるかは、iPhoneに付属するイヤホンを接続すれば確認できる。前述した例以外にもあるので、試してみてほしい。

 なお、Bluetoothイヤホンで実際にSiriを使ってみると、画面を操作できたらもっといろいろなことができると感じるはず。この感覚が、2015年に発売が予定されている腕時計型端末「Apple Watch」につながるのだ。Apple Watchの世界をイメージの中で先取りできるのが、Bluetoothイヤホンを使った「なんちゃって」ウエアラブル操作かもしれない。

Bluetoothイヤホンから、いつでもSiriを呼び出せるようにロック中のSiriへのアクセスを許可しておく。ホーム画面の「設定」→「Touch IDとパスコード」とタップして、表示された画面で「Siri」をオンにすることでOK
[画像のクリックで拡大表示]
「◯月◯日の予定は?」とSiriに尋ねた例。「詳細を読み上げますか?」と、画面を見なくても音声だけで操作を完結できる。iOS端末はバッグの中に入れたままでよい
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneの「マップ」アプリでナビを実行すると、Bluetoothイヤホン内に音声でガイドが流れるが、音声だけではわかりにくいこともある。画面を見たほうが間違いがない
[画像のクリックで拡大表示]
Bluetoothイヤホンを使ってSiriを音声だけで操作してみると、2015年に登場予定のApple Watchの秘めた可能性に期待が膨らむ。写真は、ナビ画面をApple Watchに表示したデモ
[画像のクリックで拡大表示]