大きく差がついたのは“早さ”

 実は今回非常に大きな差が出たのが、注文してからフォトブックが自宅に届くまでの時間。同じ9月17日に注文し、一番早く届いたのがしまうまプリントで、「メール便の場合、4日から5日かかる場合もある」とあったが、3日後の20日には届いていた。ウェブサイトで「ご注文後5日~2週間」となっているTOLOTは9日目の26日に到着。「ご注文日より2~3週間」となっているノハナは、注文から17日後の10月4日に届いた。いずれもウェブサイトの表示期間内には確実に届いたということになる。

 作成から配送まで、3社を比較すると、以下のようになる。

●最低価格サイズの写真ページ数
 1.TOLOT(62ページ)
 2.しまうまプリント(36ページ)
 3.ノハナ(20ページ)

●写真1枚あたりの安さ
 1.TOLOT(約8円)
 2.しまうまプリント(約15円)
※ノハナは1冊目の無料サービスを利用した場合約7.5円、2冊目から約32円

●速さ
 1.しまうまプリント
 2.TOLOT
 3.ノハナ
※しまうまプリントとノハナには有料の特急サービスあり

 後編では完成したフォトブックの仕上がりなどを、編集関係者やデザイナーなど専門家の意見もまじえて検証したい。

(文/桑原恵美子)