午前中の注文なら当日発送の「しまうまプリント」

 しまうまプリント、TOLOT、ノハナという3社のフォトブックサービスはどれも簡単に利用可能。それぞれに特色があるので、1つずつ検証していく。なお、「配送日数」として示しているのは、それぞれ最低料金の場合にかかる日数。

「しまうまプリント」
サイズ:10.5×14.8cm(文庫本サイズ)
ページ数:36ページ
価格:400円+送料90円~(税込み529円~)※写真1枚当たり約15円
デバイス:PCのブラウザのみ
配送日数:発注から2~5日(11時59分までの発注分は当日発送)

 しまうまプリントを運営している「しまうまプリントサービス」(鹿児島県日置市)の母体は、国内最大級のプリントラボ、国内トップシェアのネットプリントサービスを主軸としている「しまうまプリントシステム」。鹿児島に広大なラボを持つ同社の最大の長所は何といっても、出来上がりの早さ。11時59分までに発注が完了すれば、当日発送。宅急便配送を選択すれば、翌日か翌々日には届く(ただしラボが鹿児島にあるため、メール便の場合は4から5日かかる場合もある)。ほかのサービスでは1~2週間前後かかるため、「とにかく急ぎで作りたい」という場合は、しまうまプリントが確実だ。

 デザインはカバーの色やレイアウトを変えることができる程度で装飾系の要素はないが、初心者でも迷わずサクサク作れる。1ページ全てをテキストにすることもでき、その場合は文庫サイズで506文字まで入れられる。写真キャプションの文字数もレイアウトによっては200文字以上入れられるので、レシピブックやさまざまな記録にも便利だ。

しまうまプリントはこんな人向き!
「とにかく大至急、入手したい」
「あまり凝らずに手早く作りたい」
「シンプルですっきりしたデザインが好き」
「文字を多めに入れたい」
カバーの表紙色は12パターンから、カバーのテンプレートは4パターンから選べる
[画像のクリックで拡大表示]
中面のレイアウトは19パターンから選択できる
[画像のクリックで拡大表示]
左ページのように画像の比率によっては端が切れてしまう場合もあるので、プレビュー画面でよく確認すること。レイアウトを変えると解決する場合もあるが、それでもダメな場合は元の写真をトリミングするなど、自分で調整する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]