[画像のクリックで拡大表示]

 タブレット端末が普及するなか、国内の主要量販店におけるPOSデータを集計するBCNの調査では、「Nexus 7」「MeMO Pad」などを擁するASUSが、アップルのシェアを逆転して首位に立ったことが明らかになった。

上半期首位のASUSと2位のアップルがシェア突出

 BCNが発表した2014年上期(2014年1~6月)のタブレットのメーカー別シェアでは、ASUSが38.9%と首位に立ち、アップルをシェアで逆転した。2位アップルのシェアも36.3%で、この2社が突出している。

 前年同時期には49.7%とほぼ5割のシェアだったアップルは、今回13.4%もシェアを落としたことになる。今回トップとなったASUSの前年同時期のシェアは30.9%。2社のシェア合計は、2013年のほうが2014年より5.4%多かったわけで、多少、シェアが各社に分散したと考えられる。

 それでも3位は大きく離れてレノボ・ジャパンの6.2%、4位はNECパーソナルコンピュータの2.6%、5位はソニーの2.6%と、3位以下は1桁台のシェアにとどまっているのが分かる。

タブレット端末 販売台数シェア 上半期(2014年1月~6月および2013年1月~6月/BCN調べ)
順位 メーカー名(2014年) 販売台数シェア(2014年) メーカー名(2013年) 販売台数シェア(2013年)
1 ASUS 38.9% アップル 49.7%
2 アップル 36.3% ASUS 30.9%
3 レノボ・ジャパン 6.2% ソニー 4.3%
4 NEC 3.6% 日本エイサー 2.5%
5 ソニー 2.6% 富士通 2.0%
6 日本エイサー 2.3% SAMSUNG 1.6%
7 富士通 1.6% マウスコンピューター 1.4%
- その他 8.5% その他 7.6%


スマートフォンでご覧のかたはこちら(表を画像表示)

 同時期の月別シェア推移を見ても、この2社の動きは突出。2014年1月、3月、4月、5月はASUSが、残る2月、6月はアップルが首位を獲得している。また7月についても、7月21日までの3週間では、ASUSの38.9%に対して、アップルが34.2%で、やはり2社に集中している。

 特にASUSが高いシェアを獲得したのは、幅広い製品ラインアップがその要因の1つ。GoogleのAndroid 7インチタブレット「Nexus 7」や、Windows PCとの2イン1タイプで4万円台後半のタブレット「TransBook」、Windows搭載で5万円前後のタブレット「VivoTab Note」、軽くて価格も2万円前後とコスパの良いAndroidタブレット「MeMO Pad」、3万円台前半で通話もできるファブレット「Fone Pad」といった豊富な品ぞろえが、ユーザーの選択肢を増やした。今回のシェア首位は、これら全ラインアップのシェアを集約したものなのだ。

タブレット端末 販売台数シェア 月次推移(2014年1月~7月、ただし7月は1日~21日の販売台数から算出/BCN調べ)
メーカー/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
ASUS 39.8% 36.2% 38.9% 42.1% 40.4% 35.6% 38.9%
アップル 36.6% 38.5% 36.1% 35.3% 35.3% 36.4% 34.2%
レノボ・ジャパン 5.0% 6.1% 8.5% 4.9% 5.8% 5.5% 4.3%
NEC 2.9% 3.8% 3.3% 3.6% 3.5% 4.9% 6.0%
ソニー 2.3% 2.7% 2.3% 2.1% 2.1% 4.6% 5.5%
日本エイサー 2.5% 3.0% 2.3% 2.3% 1.9% 1.6% 1.2%
富士通 1.5% 1.8% 1.4% 1.7% 1.8% 1.6% 1.6%
その他 9.4% 7.9% 7.2% 8.0% 9.2% 9.8% 8.3%


スマートフォンでご覧のかたはこちら(表を画像表示)