この記事は「日経トレンディ」2014年7月号(2014年6月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 1000円で買える子供向け万年筆「カクノ」(パイロットコーポレーション)と、他社にはない0.2mmという超極細芯が話題を呼んだシャープペンシル「オレンズ」(ぺんてる)。今までになかった商品として多くの人が飛び付いたが、実はどちらも技術的な革新があったわけではない。

万年筆のターゲットではなかった子どもに着目

 カクノは、今までの万年筆のユーザーとしてはターゲットとされていなかった子どもに着目した点がポイント。従来モデルの3分の1という思い切った価格目標を設定し、部品点数を極力減らしてコストを抑えた。「万年筆は高級筆記具」という常識を破ったことで、狙っていた子供のみならず、大人の日常使いという新たな鉱脈を掘り当てた。

パイロットコーポレーション 営業企画部 高筆企画グループ
斉藤真美子氏
日本には子供向けの万年筆がなかったので悩みましたが、幅広い層をターゲットにするよりも、子供に絞って開発したほうがいいだろうと決断。子供が持ちやすく、書きやすいような工夫を随所に加えました。これによって、結果的に大人にとっても使いやすいペンとなり、普段使いの万年筆としてまとめ買いをされる若い女性の方なども少なくないようです。
「カクノ」(パイロットコーポレーション)
[画像のクリックで拡大表示]
社内向けのプレゼン資料。子供に万年筆の文化を伝えることで、万年筆メーカーとしての真摯な姿勢も示せると社内を説得
[画像のクリックで拡大表示]
子供用だからといって品質には手を抜かないのが大前提。書き味を決めるペン先は3000円の商品と同等のものを使った
[画像のクリックで拡大表示]
【ここがヒット!】
万年筆では珍しい試し書きを実施
小学生が書き味を新鮮に感じた
[画像のクリックで拡大表示]
 万年筆はガラスケースの中に陳列されて売られるイメージが強いが、今回は店頭什器を用意。試し書き用のペンも付けた。万年筆を初めて手に取る子供が大半で、その書き味を新鮮に感じ、親にねだる子供が少なくなかったという。