iPhoneには、普通に使っているだけでは気がつかない機能が多くある。今回は文字入力に役立つ隠し機能を紹介する。覚えれば、文字がサクサク入力できる!

「iPhone 隠し機能」の関連記事はこちら

Webページを一気に閉じるには? iPhoneの「連絡先」「Safari」隠し機能

着信はスリープボタンで切る iPhoneの「電話」隠し機能9つ

貸した人の「余計な操作」を禁じる方法は? iPhone本体設定、8つの隠し機能

 iPhoneは、世界各国の言語や文字種に対応するために、さまざまな種類のキーボードが用意され、各キーボードには複数の入力モードが用意されている。例えば「日本語(かな)」「日本語(ローマ字)」「英語」「絵文字」など……。

 だが、快適に文字を入力するには、なるべくキーボードや入力モードを切り替えずに入力するのが秘訣だ。また、キーボード上に表示されていない文字を、一発で入力する方法も覚えておくと役に立つ。以下に紹介しよう。

あなたは「キー長押し+指スライド」ワザを使っているか?

【1】「@」や「.」を一発で入力する
>>>>「123」キーを長押しし、目的の文字へ指をスライドして離す

 英語キーボードで「123」キーや「#+=」キーをタップすると、キーボードの表示が切り替わり、数字や記号が入力できるモードになる。しかし、英字と数字が混在した文章や、メールアドレスで「@」や「.」を入力するときに、「英字」⇔「数字」⇔「記号」と、そのたびにモードを切り替えるのは意外に面倒だ。

 そんなときは、「123」キーや「#+=」キーを長押しして指をスライドする方法を覚えておくと便利だ。

 例えば、メールアドレスのように英字入力中に「@」を入力するなら、「123」キーを長押し、キーボードの表示が変わったら、指を画面から離さずにそのまま「@」キーまでスライド。そこで指を離す。すると画面には「@」が入力されてキーボードの表示は英字に戻る。「.」も同じように入力できる。

 日本語(ローマ字)キーボードで句読点やかっこを入力するときにも、この方法を使うと流れが中断しない。

英字入力中に「123」キーを長押し、キーボードの表示が変わったら、指を画面から離さずにそのまま目的の文字までスライド。目的の文字のキー上で指を離すと、その文字が入力され、キーボードの表示が元に戻る
[画像のクリックで拡大表示]
【2】キーボードの種類をダイレクトに切り替える
>>>>「地球のキー」を長押しする

 スクリーンキーボード上には、地球のアイコンが描かれたキー(以下「地球のキー」と表記)がある。キーボードの種類を切り替えるには、地球のキーをタップするとキーボードの種類が切り替わるが、複数のキーボードを有効にしていると、使いたいキーボードを表示するために、何度も地球のキーをタップすることになる場合がある。

 そこで地球のキーを長押しすると、キーボードの一覧が表示されるので、使いたいキーボードをタップしてダイレクトに切り替えられる。

地球のキーを長押しすると、有効にしているキーボードのリストが表示される。使いたいキーボードを選んで切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]