iPhoneには普通に使っているだけでは気がつかない隠し機能が多く入っている。今回は「電話」アプリの隠し機能にスポットを当てる。覚えてみんなに自慢しよう!

「iPhone隠し機能」の関連記事はこちら
「々」を一発入力するには? iPhone文字入力、10個の隠し機能

貸した人の「余計な操作」を禁じる方法は? iPhone本体設定、8つの隠し機能

Webページを一気に閉じるには? iPhoneの「連絡先」「Safari」隠し機能

 iPhone標準の「電話」アプリの隠し機能を確認する前に、番号を直接タップで入力して電話する方法を確認しておこう。

 「電話」アプリを起動して画面下部の「キーパッド」をタップすると、画面に一般的な電話と同じ数字キーが表示される。電話番号をタップし、画面下部中央にある緑の受話器アイコン(以下「発信」と表記)をタップするとその番号に発信する。

「電話」アプリを起動し、画面下の「キーパッド」をタップして表示される画面。数字キーをタップして電話をかけるしかないように見えるが、実はいろいろな機能が隠されている
[画像のクリックで拡大表示]

着信を切るスマートな方法は「スリープボタン」

【1】直前にかけた番号にもう1度かける(リダイアル)
>>>>何も表示されていないときに「発信」を押す

 キーパッドの画面上部に番号が何も表示されていないときに「発信」をタップすると、直前にかけた番号が表示される。もう一度「発信」をタップすると、その番号にかけられる。つまりリダイアルできるというわけだ。つながらない相手に何度もかけるときは、この方法が便利。いちいち「履歴」を表示したり「連絡先」アプリを開くよりずっと簡単だ。

画面上部に番号が何も表示されていないときに、「発信」(緑の受話器アイコン)をタップすると、直前にかけた電話番号が表示される。もう一度「発信」をタップするとその番号に発信する
[画像のクリックで拡大表示]
【2】かかってきた電話に出ないで着信を切る
>>>>本体のスリープボタンを2回押すなど

 iPhoneに電話が着信したときの表示は、ロック中か、そうでないかによって違うことはご存知だろうか。前者では画面の下に「応答」スライダが表示されるだけだが、後者は「拒否」と「応答」のボタンが表示される。それぞれ「応答」スライダを右にスライド、「応答」ボタンをタップすれば、着信を受けられる。

 電話に出ないで着信を切るときは「拒否」ボタンをタップすればいいのだが、ロック中の着信画面には「拒否」ボタンがない。この場合は、本体のスリープ/スリープ解除ボタンを2回押すとよい。付属のイヤホンを使っているときは、センターボタンを2秒程度長押ししても着信が切れる。この方法は、ロック中ではないときの着信にも有効だ。

 なお着信を切っても、留守番電話サービスを利用しているなら、相手側では留守番電話サービスにつながる。

iPhoneを使用しているとき(ロック画面になっていないとき)に、電話が着信した時の画面。「拒否」と「応答」ボタンで、それぞれ着信を拒否/応答できる
[画像のクリックで拡大表示]
ロック中のときに電話が着信するとこの画面になる。電話に出たくないときは、iPhone本体のスリープ/スリープ解除ボタンを2回押す
[画像のクリックで拡大表示]