特に宣伝をしていないにもかかわらず、毎日数千個のチーズタルトを売る小さな店が東京・新宿にある。北海道の洋菓子店・きのとや(札幌市)の子会社、BAKE(ベイク)が運営する「BAKE by KINOTOYA」だ。

東京・新宿の駅ビル「ルミネエスト」にある「BAKE by KINOTOYA」。平日の昼間でも客足が絶えない(写真:古立康三、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 JR新宿駅の通路に面してはいるものの、間口はわずか2mほど。急ぎ足だと見落としてしまいそうな立地だが、それでも客足が絶えない。「チョー美味しそう!」「めっちゃ食べたい」。通りがかりの若い女性たちが、そう言いながら小さな店へと次々に近づいてくる。

 秘密は「焼きたて」にある。9坪(約30平方メートル)しかない店の奥に設置したオーブンを使い、北海道から輸送したチーズタルトの半製品を8分かけて焼き上げる。出来上がった「焼きたてチーズタルト」(税別200円)は、焼きたてのチーズの甘い香りがふわっと漂い、行き交う人々が思わず目を留める、という仕掛けだ。

わずか9坪の店内に設置したオーブンで、北海道で作った半製品のチーズタルトを焼き上げる
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは一口。さくっと焼き上がったタルトの中には、北海道産のチーズと生クリームを使ったチーズクリーム。ふんわりとした食感で、口いっぱいに甘酸っぱさが広がる。焼きたてならではの食感に、つい手が伸びてしまう。

 東京へは今年の2月に進出したばかりで、新宿が北海道以外での1号店となる。それまでは焼きたてチーズタルトを、札幌周辺の4店だけで販売していた。なかでも新千歳空港では空港職員が自宅用に購入する人気商品として知られ、1店舗だけで1日に約4000個を販売。合わせて毎月30万個を販売しているヒット商品だ。東京進出の際には特に宣伝をしなかったが、口コミなどで人気が広がった。