明るく鮮やかで見やすいディスプレー

 ディスプレーは前述の通り8型で、解像度は1280×800ドット。画面は明るく、コントラストや発色のバランスも良好だ。IPSパネルで視野角も広く感じられる。

 タブレットでは、ディスプレーの表面にあるガラス面と液晶パネルの間に隙間があり、これが広いと自分がタップしたい位置と、実際にタップした位置にズレが生じる。細かい文字などをタップするときに気になるのだが、Miix 2 8では大きなズレを感じることはなかった。

 画面の下部にはWindowsボタン、上部には200万画素のカメラがある。上位モデルの64GBモデルでは、カメラを使った顔認証ログインを行うアプリが付属する。ソフトキーボードを使ったパスワードの入力を省略して素早くログオンできるのがメリットだ。顔の表情が変わるのを感知するので、写真ではログオンできないようになっている。

ディスプレイの解像度は1280×800ドット。明るくて見やすい
[画像のクリックで拡大表示]
iPadやAndroidタブレットではフルHD以上の解像度を持つ製品も登場しているので、スタート画面で表示できるタイルの数が少々物足りない
[画像のクリックで拡大表示]
64GBモデルには、フロントカメラを使った顔認証ログインを行うアプリ「VeriFace」が付属する
[画像のクリックで拡大表示]