ファミレスがフォアグラメニューを目玉に

 フォアグラといえば、キャビア・トリュフと並ぶ世界三大珍味の一つ。これまでは高級フレンチでしかお目にかかれず、「たしか結婚式で食べたことがあるような」といった人が多かったのではないだろうか。ところが、そんな“高嶺の花”のフォアグラが最近、居酒屋、ファミレス、コンビニなどに続々と登場している。

 モンテローザは直営2000店舗達成&30周年記念キャンペーンとして、2013年6月1日から9月4日まで、「白木屋」「魚民」「笑笑」などの居酒屋1600店舗で、「牛フィレステーキとフォアグラのロッシーニ~トリュフソースがけ」を1029 円(1日5食限定)で提供し、話題になった。

 さらにファミリーレストラン「ジョナサン」では8月29日から10月14日まで、「ジョナサンで、フフフ。(フワフワ、フランス産、フォアグラ)」をキャッチコピーに、フランス政府公認のフォアグラを使用したという「フレンチフォアグラ&ハンバーグ」(1039円)、「Wフレンチフォアグラ&ハンバーグ」(1354円)「フレンチフォアグラ&ポテト」(499円)などを提供。フォアグラメニューがワンコインで食べられるとあって、ネットなどでは驚きの声が相次いだ。

 同じくファミレスの「ココス」でも、2013年9月12日から11月13日(予定)まで、フォアグラをのせたフィレステーキやハンバーグを全店舗で提供している。「フォアグラと牛フィレ肉のステーキ(バルサミコソース)」(1764円)、「フォアグラとハンバーグ(赤ワインソース)」(1449円)と、フォアグラにしては激安価格とはいえ、同店の通常メニューで一番の売れ筋商品「ココス ビーフハンバーグステーキ」(619円)の2~3倍の高価格帯。それにもかかわらず売れ行きは好調で在庫が少なくなっており、店舗によってはフェア期間内に終了する可能性もあるとのこと。

 一方、東京プリンスホテルのブッフェレストラン「ポルト」では、開業49周年記念企画として、9月1日~10月31日まで世界三大珍味の「キャビア」「トリュフ」「フォアグラ」を使ったメニューも食べ放題の「秋の味覚ディナーブッフェ」を実施。「フォアグラの食べ放題ができるお店は少ないため大変ご好評をいただき、ほぼ全員のお客さまがフォアグラを召し上がられていた」(ザ・プリンスパークタワー東京 東京プリンスホテル マーケティング戦略 野原茉美氏)。期間中は予約がとれないほどの盛況だったため、11月以降のメニューにもフォアグラ料理を用意する予定だという。

 2013年9月には、40種類あるメニューの約半分がフォアグラという「フォアグラバル アジルジョーヌ」が西麻布にオープン。「フォグラ風味のフレンチトースト」、「フォアグラと鶏レバーのパテ」(どちらも840円)などのバル価格でフォアグラが堪能できるとあって、こちらも連日、満席だという。

 さらになんと、コンビニの菓子にまでフォアグラが登場。東ハトが2013年10月21日より、フォアグラペーストとトリュフパウダーを練り込んだポテトチップスの新商品と「グルメチップあみじゃが・フォアグラ&トリュフ味」を発売している。

 なぜ今、フォアグラを使ったメニューがこれほど人気なのか。なぜ、激安価格で提供できるのか。

ココスの「フォアグラと牛フィレ肉のステーキ(バルサミコソース)」(1764円)。メニュー写真以上にボリュームのあるフォアグラが出てきて、驚いた。焼き加減もちょうどよく、新鮮なフォアグラ特有の張りがあった
[画像のクリックで拡大表示]
東京プリンスホテルのブッフェレストラン「ポルト」の「秋の味覚ディナーブッフェ」(大人1人4600円)では、「フォアグラのソテー」「鶏胸肉とフォアグラのパイ生地包み」など、日替わりで3~4種類のフォアグラメニューを提供している
[画像のクリックで拡大表示]
フォアグラバル アジルジョーヌの「フォアグラ100%の濃厚テリーヌ」(1680円)。フランスの指定飼育家から仕入れているという新鮮なフォアグラそのものの味が堪能できる料理。白子を思わせる弾力のある滑らかな食感と濃厚なコクと香りで、飲み込むのが惜しいほど
[画像のクリックで拡大表示]
「グルメチップあみじゃが・フォアグラ&トリュフ味(標準70g)」(予想実売価格150円前後)。網状に厚切りカットした新感覚のポテトチップス生地に、フォアグラやトリュフ、牛肉のうまみを練り込み、さらにアクセントに赤ワインの香りを効かせている。厚切りなのにサクサクとした食感とコクのある風味で、たしかにプレミアム感あり。成分表示を見るとフォアグラペースト、トリュフパウダーが使用されている
[画像のクリックで拡大表示]